2. 肉を炒める

Photo by muccinpurin

鍋(または深めのフライパン)にオリーブオイルをひいて弱火にかけ、みじん切りにしたにんにくを加えて炒めます。弱火で焦げないようにじっくり炒めるのがポイントです。

大量のにんにくを使うので、炒めるごとにかなり強い香りがキッチンに充満します。換気扇をつけるのをお忘れなく。

Photo by muccinpurin

にんにくにうっすらと色がついたら火加減を中火にし、鶏肉を皮目から入れます。 焼き色がついたら裏返して、白っぽくなるまで焼き付けていきましょう。

ここでにんにくが焦げそうであれば、火加減を調整してください。鶏肉を焼くよりも、にんにくを焦がさないことを優先します。

Photo by muccinpurin

皮目にうっすらと焼き色が付き、鶏肉全体が白っぽくなったら次の工程に進みます。

3. バター、薄力粉を加えてさらに炒める

Photo by muccinpurin

肉の色が変わったらバターを加えて溶かし、続いて薄力粉を加えて肉全体に絡むように炒め合わせます。

Photo by muccinpurin

ここで鶏肉全体に薄力粉をまとわせることで、次の工程で牛乳を加えたときにダマができにくくなります。

4. 牛乳を加えて煮込む

Photo by muccinpurin

牛乳の半量を注ぎ入れ、全体にとろみがつくまでかき混ぜながら炒めます。

Photo by muccinpurin

かき混ぜていくうちに全体がしっかりとなじみ、ぽってりと濃厚なホワイトソースのようになります。

とろみが均一になったら残りの牛乳を加え、鶏肉に火を通すため蓋をして弱めの中火で5分ほど煮込んでいきましょう。途中、焦げそうであれば火加減を調整します。

5. 生クリーム、チーズ、さつまいもを加えて仕上げる

Photo by muccinpurin

生クリームを加えて全体になじませ、続いてチーズを加えて溶かします。 冷めるとチーズが冷え固まるため、作り置きする場合はチーズを入れる前の段階で止めておきましょう。

Photo by muccinpurin

チーズが溶けたらレンジでやわらかく加熱したさつまいもを加え、形を崩さないようにざっくりと混ぜ合わせます。

器に盛り付けて完成!

Photo by muccinpurin

チーズが溶けたら器に盛り付け、トッピング用のチーズ、刻んだパセリを散らして完成です。パプリカパウダーをかけると彩りがよくなりますが、なくても味は変わりません。

バゲットを添え、チーズがとろとろの熱いうちに付けて召し上がってくださいね。

おいしく作るコツは……

Photo by muccinpurin

シュクメルリの一番の味の決め手であるにんにくは、惜しげもなく使いましょう。焦げると苦味が出るので、炒めるときは慎重に。焦げるのが心配であれば、色がつくかつかないかのところで鶏肉を入れて焼いてもいいでしょう。にんにくが味の決め手なので、チューブではなくできれば生のものを使うのが理想です。

さらに、濃厚なシュクメルリにはチーズと生クリームも不可欠。カロリーが気になるところですが、こっくりと濃厚なシュクメルリを味わったらその大切さがきっとわかりますよ。 本場では、パプリカパウダーやクミン、フェネグリーク(甘い香りが特徴のスパイス)などで風味をプラスするようです。好みで追加し、アレンジを楽しんでくださいね。
Photos:17枚
黒いお盆にのったシュクメルリ鍋、白ごはん、味噌汁
さつまいも、鶏肉、チーズ、生クリーム、牛乳、バター、にんにく、薄力粉、オリーブオイル
切って水に浸けたさつまいもと皿にのった鶏肉、みじん切りのにんにく
フライパンでにんにくを炒める
フライパンに鶏肉を加えて焼き付ける
うっすらと焼き色が付いた鶏肉
鶏肉を炒めたフライパンに薄力粉を
小麦粉がなじんだ鶏肉
鶏肉が入った鍋に牛乳を加える
ホワイトソースが絡んだ鶏肉
フライパンにチーズを加える
フライパンにさつまいもを加える
茶色い皿に盛り付けたシュクメルリ
チーズ、にんにく、生クリーム
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ