大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用があるとされていて、のぼせやほてりなどの更年期障害を軽減したり、骨粗鬆症の予防に良いといわれています。(※5) 豆類にはおおむねイソフラボンが含まれていますが、大豆、豆腐、納豆などの大豆製品には桁違いに多く含まれています。(※5) 日常の食生活の中で大豆や伝統的な大豆食品を食べている分には大豆イソフラボンの過剰摂取の心配はないといわれていますが、特定保健用食品によるイソフラボンの過剰摂取には注意が必要といわれていますよ。特定保健用食品としてとる場合、上のせした摂取量の上限値は30mg/日とされています。(※5)

豆乳のカロリーと糖質量を知って賢く取り入れよう!

調製豆乳と無調整豆乳ではカロリーも糖質量も調製豆乳のほうが高いということが分かりました。さらに牛乳と比べると無調整豆乳が一番カロリーが低いものの、牛乳と調製豆乳は同じくらいのカロリーなんです。 ダイエット中でカロリーや糖質量が気になるということであれば無調整豆乳のほうがおすすめです。しかし、たんぱく質量はほとんど変わらないため、味や独特のにおいが苦手という人には調製豆乳のほうが向いています。 自分に合った豆乳を選んで、日々の生活の中に取り入れてみましょう。
【参考文献】
(2019/12/2参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ