ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

今日の買いものリスト

今日の晩ごはんの献立は、豆腐をメインにしたヘルシー志向。豆腐というとさっぱりとしたイメージがありますが、味付けや調理法を工夫して満足感のある豆腐料理に仕上げました。 ・木綿豆腐 ・長ねぎ ・鶏ひき肉 ・もやし ・無調製豆乳 ・キャベツ ・大根

メイン「豆腐と野菜の豆乳坦々スープ」

Photo by macaroni

【調理時間:20分】 ちょっぴり冷え込む夜には、ラー油を効かせたピリ辛の坦々スープでからだのなかから温まって。豆乳を使うので辛いだけでなくまろやかに仕上がりますよ。ひき肉の旨みが豆腐に染みたパンチのあるおいしさです。 鍋にごま油を熱して豚ひき肉と刻んだ生姜を炒めます。肉に火が通ったら豆板醤を加えて香りが立つまで炒め、水と鶏ガラスープの素をを加えてひと煮立ち。 豆腐ときゃべつを加えて弱火で煮込み、豆乳、白練りごま、もやしを加えて沸騰直前まで温めて完成です。豆乳を加えてから沸騰させると分離するので、火加減に気を付けてくださいね。ピリ辛味でごはんが進むおいしさですよ。

副菜「豆腐のつくね揚げ」

Photo by macaroni

【調理時間:30分】 唐揚げ……に見えますが実は豆腐からできたつくねなんです。揚げることで香ばしさと食感がプラスされて豆腐とは思えないほど満足感のあるおかずになりますよ。 ひき肉と長ねぎ、水切りした豆腐を粘りが出るまで混ぜたら、調味料を加えて10等分にして丸めます。170度に温めた揚げ油に肉だねを入れ、時々返しながらきつね色になるまで揚げます。最後はしっかりと油を切ってバットに揚げてつくねの完成です。 小鍋にあん用の調味料を入れて火にかけ、ひと煮たちしたら弱火にして水溶き片栗粉でとろみを。器に盛った築根にあんをたっぷりとかけ、お好みで大根おろしと生姜のすりおろし、七味唐辛子をふって召し上がれ♪

副菜「ねぎだく大根」

Photo by macaroni

【調理時間:20分】 ピリ辛な坦々スープの合間にちょこっとつまむなら、さっぱりとした大根の漬物はいかが? いちょう切りにした大根を塩もみし、水気をしっかりと絞ったら、調味料とたっぷりのみじん切り長ねぎを合わせ、冷蔵庫で半日~1日味をなじませます。 さっぱりとした大根と、長ねぎの香りがたまらず、ついつい箸が止まらなくなるおいしさですよ。大根の皮をむくときは、しっかりと切り込みを入れるとよりむきやすくなりますよ。 薄く切りすぎると食感がよくないので、ほどよい厚さにスライスしてくださいね。鷹の爪のピリ辛味で、お酒のお供にもぴったりです。

どれだけ知ってる?豆腐の豆知識

ヘルシーで栄養価も高く、コスパがいい食材としてたびたび食卓に上る豆腐。知っているようで知らない、豆腐の豆知識は結構たくさんあるんですよ。 あなたの知らない豆腐の豆知識から、ヘルシーでおいしい豆腐レシピの数々はこちらの記事からどうぞ♪

豆腐の種類はお好みでどうぞ♪

2種類の豆腐料理をご紹介しましたが、絹や木綿など豆腐の種類はお好みでアレンジして作ってくださいね。 豆腐料理をおいしく仕上げるのに欠かせない水切りは、レンジをうまく活用すると手軽に水切りすることができますよ。このひと手間で仕上がりがぐっとプロっぽくなるので、ぜひ試してみてくださいね。 次回のレシピもどうぞお楽しみに♪
▼前回の献立もチェック
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS