ローディング中

Loading...

みなさん「充填豆腐」をご存知ですか?この名前を見た瞬間、豆腐ってついてるけど、一体どんなものなんだろう……と感じる人が多いはずです。これは、木綿豆腐を作る工程で出た豆乳を使った豆腐のこと。知られざる充填豆腐の隠れた魅力に迫ります!

あまりなじみのない充填豆腐

生はもちろん、煮てよし、焼いてよし、揚げてよし、炒めてよしの豆腐は、和・洋・中さまざまな分野の料理において、オールマイティーな活躍を見せています。調理の仕方次第で色んな顔を見せてくれる豆腐は、料理界の革命的食材と言っても過言ではありません。

そんな高い人気を誇る豆腐に種類があるのは、もちろんご存知ですよね。そう、木綿豆腐と絹ごし豆腐……だけではありません。もうひとつ忘れてはならない「充填(じゅうてん)豆腐」があります。

あまり聞いたことがない、という人が多いのでは?というのも、充填豆腐という名前でスーパーで販売されているわけではないからです。それでは今回は、知ってるようで知らない、分かるようで分からない「充填豆腐」について徹底追求しようと思います。

充填豆腐とは

あまり聞き慣れない「充填豆腐」とは、パックに水分が張られていない豆腐のこと。普通の豆腐と比べてみると、2つの大きな違いがあります。

ひとつ目は、製法です。木綿豆腐を作るときに出た豆乳を冷やし、冷えた豆乳とにがりを充填して密封し、容器を加熱し冷やして固めて作ります。型箱に入れたり、水でさらさない製法が最大の特徴です。ようするに、通常の豆腐は固めてからカットして容器に入れますが、充填豆腐の場合は容器に入れてから固めて作るというわけ。作る工程が少し違うだけで、商品の名前自体がこんなにも変わるんですね。

続いてふたつ目の違いは、その見た目にあります。3つセットで売られている、ミニサイズの豆腐を思い出してみてください。パックと豆腐が、ピタッと密着していませんか?

上で紹介した作り方により豆腐がムチッと密封された状態となるので、パックに水分が入っていません。普通の豆腐は、プラスチックのカップと豆腐の間にわずかながら隙間があり、水でヒタヒタになっていますが、充填豆腐にはそれがないんです。

充填豆腐の起源

「充填豆腐」は、商品を大量に仕入れ、それらを安く販売する量販店の勢いが増し、機械化が進み始めた昭和40年頃、誕生しました。その後、次第に浸透して多くの家庭で食べられるようになり、こんにちに至ります。

上でも少しお話しましたが、豆乳を1度冷やしてにがりを加え、容器に充填して加熱し固める、という製法で作られています。つまり、製品が密閉されたあとに行う加熱処理によって殺菌・消毒されるので、ほかの豆腐よりも長期間の保存がきくのも魅力のひとつです。

ほかの豆腐と何が違うの?

ここまで「充填豆腐」について話を進めてきましたが、そもそも普通の豆腐と比べて何が違うのでしょうか。それは、作り方にあります。充填豆腐の作り方についてはすでに紹介していますが、ほかの豆腐の製法に触れながら違いを見ていきましょう。

木綿豆腐の作り方

豆乳とにがりを混ぜて固めたものを崩し、布を敷いた穴付きの型箱に入れて重しを乗せて上から圧力をかけます。このため、木綿豆腐の表面に布目が付いているのが特徴です。豆腐が固まったら、水槽の中で型から外して豆腐をカットします。

絹ごし豆腐の作り方

木綿豆腐よりも濃いめの豆乳とにがりを型箱の中に入れ、均一に混ぜて固めて作ります。名前の通り、絹のようななめらかな食感が特徴です。型箱から外したら、400gや200gにカットし容器に入れて販売されます。

絹ごし豆腐と充填豆腐は似ている?

「絹ごし豆腐」と「充填豆腐」、それぞれ作り方に違いがありますが、口に入れたときのなめらかな食感とまろやかな味わいに関して言えば、大差はありません。とは言え、絹ごし豆腐と充填絹ごし豆腐という似ているふたつを細かく分けてしまうと、消費者にしてみれば混乱してしまうばかりか、実際に疑問を持つ人が多いのも事実です。

絹ごし豆腐と同じくらいのしっとりした食感があることから、「充填絹ごし豆腐」とも呼ばれているため、絹ごし豆腐=充填豆腐という認識でいいと言えます。

充填豆腐と絹ごし豆腐、どっちが1番いいの?

では、毎日の食事で食べるとしたらどの豆腐が1番いいのでしょうか。使う材料の分量や作り方により、食べたときの食感や舌触りが大きく左右されます。また、「充填(じゅうてん)豆腐」に対して栄養価が少ないんじゃないか、と心配する声がありますが、そんなことはありません。

充填豆腐の主な栄養素
・エネルギー…55kcal
・カリウム…180mg
・ナトリウム…10mg
・たんぱく質…4.5g
・カルシウム…35mg

上記は100gあたりの栄養素です。ほかの豆腐に比べて大きな差はありません。例えば絹ごし豆腐に含まれるカリウム140mg、カルシウム90mgに対して、充填豆腐はわずかながらこれらを上回る含有量を誇ります。

味の好みや調理の仕方など用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

充填豆腐はマズイ?

「充填豆腐」を作るとき”水にさらす”というプロセスがない、ということはすでに上でお伝えしました。この工程を行うことによって、豆腐が持つ余計なアクを抜き取るという役割があるんです。

例えば、ごぼうを調理するとき水にさらしますよね?そのまま食べると雑味が口や舌に残り、食べにくくなります。

充填豆腐の味が苦手だ、独特の苦味が気になる、という方はぜひ、水にさらしてアク抜きしてから食べてみてください。ちょっと面倒ですが、エグ味がなくなりとても食べやすくなりますよ。ただ、水にさらしすぎると栄養分が逃げてしまうことがあるので、気を付けてください。

充填豆腐のおいしい食べ方

「充填豆腐」をおいしく食べるためには、水切りを行いましょう。豆腐のおよそ90%が水分でできています。そのまま炒めたり揚げたりしてしまうと、豆腐から出る水分でせっかくの料理が水っぽくベチャベチャになったり、型崩れしてしまうからです。

手間暇かけて作った料理をさらにおいしくするためには、下準備がとっても大切なんですよ。それでは早速、水切り方法について下記で説明していきます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

離乳食 お弁当

家族でお出かけする機会も増える夏。お出かけ先で赤ちゃんには何を食べさせるといいのでしょうか?持ち歩きや外食での離乳食には、ちょっとしたルールがあります。安全に安心して食べさせるための離乳食のポイントをお伝えし…

離乳食 トマト キャベツ

今回は離乳食インストラクター協会がおすすめする、離乳食初期の赤ちゃんから使える野菜スープ(だし)を紹介します。野菜の優しい甘さがおいしいスープ。基本を覚えておけば、いろいろなメニューに応用できるので便利ですよ。

作り置き

食材を冷凍保存する際の大敵「冷凍焼け」。食感がパサパサになってしまったり、変色してしまったり、風味が落ちたり、食材を台無しにしてしまうんです。そこで今回は、その原因や冷凍焼けを防止する対策などをまとめてご紹介…

レシピ

ご家庭で馬刺しを食べることはありますか?お魚の刺身と比べて身近ではないので、食べ方がよくわからないという方も少なくないかもしれません。今回は、馬刺しのおいしい食べ方やよく合うタレ、さらに馬刺しのアレンジレシピ…

離乳食 まとめ

長野県の名物「おやき」。野沢菜のあんで食事にしたり、あんこを包んでおやつにしたりと、作り方が豊富なんですよ。今回は、そんなおやきの人気レシピを厳選してご紹介!長野名物を、あなたのおうちでも作ってみませんか?

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ページTOPに戻る