チーズそのもの!濃厚ヘルシーな「塩豆腐」のアレンジレシピが無限大

豆腐と塩だけで作れる「塩豆腐」を知っていますか?豆腐の旨味がぎゅっと詰まった、モッツァレラチーズのような味わいが嬉しいレシピ。その上カロリーは大幅ダウン!今回は基本の作り方とオススメの食べ方、人気アレンジを一挙ご紹介します。

ヘルシーで濃厚な「塩豆腐」

豆腐といえば、ヘルシーでダイエットの味方ともいえる食材。でも、少し味気なくてすぐに飽きてしまうのが弱点ですよね。
そこでご紹介したいのが「塩豆腐」という料理。作り方はとっても簡単なのに、まるでモッツァレラチーズのような味わいや舌触りになるのだとか!もちろん、豆腐のヘルシーさはそのまま。一度食べるとその濃厚な味にやみつきになってしまうようですよ。
まずは、その作り方からご紹介していきます。

基本の塩豆腐の作り方

材料

・絹豆腐…1丁
・塩…小さじ1

作り方

1. 豆腐の片面に塩をふりかけます。
2. 塩をふった面を下にしてペーパータオルの上に置き、もう片面にも塩をふります。
3. そのままペーパータオルで包み、ボウルに重ねたザル、または網をセットしたバットの上に置き、冷蔵庫へ入れます。
4. 12時間ほど寝かせてからペーパータオルをかえて、さらに12時間寝かせれば完成!

塩豆腐を作る際のポイント

いつが食べごろ?見た目でわかる?

豆腐から水分が抜けて、ひとまわり小さくなったら食べごろです。 浸透圧で豆腐から水分が出ます。豆腐に塩をふったあとは冷蔵庫に入れて放置しておくだけなので、忙しくて料理する暇がない方でも作ることができます!

絹豆腐と木綿豆腐、どちらで作るの?

絹ごし豆腐と木綿豆腐、どちらでも作ることができますが、絹ごし豆腐で作るとまったりとした食感、木綿豆腐で作るとややモチモチとしたモッツァレラチーズに近い食感を楽しめるようです。

豆腐の旨みがぎゅっと凝縮されていて、もっちり濃厚なのですが、モッツァレラチーズよりもクセがなくさっぱりと食べられますよ。

気になる塩豆腐のカロリーは?

材料である豆腐100gあたりのカロリーは、木綿で72kcal、絹で56kcal。モッツァレラチーズのカロリーは同重量で276kcalあるため、ダイエット中にチーズを食べたくなった時など、塩豆腐が大活躍しそうですね!たっぷりのイソフラボンとタンパク質を摂れるのもうれしいポイント。

保存の仕方と保存期間は?

水分が抜けているため普通の豆腐よりは日持ちしますが、冷蔵庫に入れて保存して、2〜3日以内には食べ切りましょう。冷凍保存すると、さらに水分がぬけてお肉のような食感に変わるので、チーズのような食感を楽しむためには冷蔵保存がオススメですよ!

食べ方いろいろ!アレンジレシピ7選

特集一覧

SPECIAL CONTENTS