とっても万能「ゆずはちみつ」の作り方!活用レシピ付き

秋が深まってくると店頭に並び始めるゆず。皮を削ったり、仕上げに果汁を搾ったりと、その香りを活かした使い方が人気です。そんなゆずをまるごと味わえる「ゆずはちみつ」のレシピをご紹介。いろいろと使える万能なひと品なので、活用レシピも併せてお伝えします。

2019年11月13日 更新

「ゆずのはちみつ」の基本レシピ

瓶に入ったゆずはちみつとグラスに入ったゆず茶

Photo by mau_naka

ゆずの皮、果汁、果肉だけでなく、果肉を包むじょうのう膜までまるごと使う「ゆずはちみつ」のレシピです。ゆずの皮を煮て、吹きこぼすことで、特有の苦みを抑えます。

材料(作りやすい分量)

ゆずはちみつの材料

Photo by mau_naka

・ゆず……3個(正味約300g)
・はちみつ……170g
・砂糖……30g

作るときのコツ

ゆずの皮を煮詰める作り方をご紹介しましたが、瓶の中に皮とはちみつを直接入れて漬ける方法もあります。

皮を煮ないでそのまま漬ければ、ほんのりと苦みが効いた仕上がりになりますよ。

作り方

1. ゆずの下ごしらえ

ボウルに柚子の果汁を搾る様子

Photo by mau_naka

ゆずはよく洗い、横半分に切ります。タネを取り出して、ボウルに果汁を搾りましょう。
ゆずの皮とじょうのう膜を分けたもの

Photo by mau_naka

スプーンなどを使い、皮からじょうのう膜を剥がします。
刻んだじょうのう膜

Photo by mau_naka

じょうのう膜は、中の果肉ごと細かく刻みます。
ゆずの皮をスライスしたもの

Photo by mau_naka

ゆずの皮は横半分に切り、2cmほどの長さにスライスします。

2. ゆずの皮を煮る

ゆずの皮を煮る様子

Photo by mau_naka

ゆずの皮は鍋に水と一緒に入れて火にかけ、煮立てて吹きこぼします。これを2回繰り返しましょう。

3. 煮詰める

ゆずの皮や砂糖が入った鍋にはちみつを加える様子

Photo by mau_naka

鍋にゆずの皮、刻んだじょうのう膜、果汁を入れ、はちみつと砂糖も加えます。
ゆずはちみつを鍋で煮立てているところ

Photo by mau_naka

弱火で10分ほど煮詰め、とろみがつけば完成です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師/mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう