管理栄養士が教える糖質ダイエットのやり方は?危険性についても

糖質制限ダイエットとは、食事に含まれる糖質をコントロールするダイエット方法です。糖質の摂り過ぎは太る原因となりますが、不足しても体によくありません。糖質制限ダイエットのやり方や注意点を詳しく見ていきましょう。

2019年11月7日 更新

糖質ダイエットとは?

糖質とは、炭水化物のうち体内でエネルギーとなる栄養素のことです。ご飯やパン、麺類、いも類、菓子類などに多く含まれます。糖質を摂りすぎると太る原因となってしまうため、注意が必要です。エネルギーとして消費されなかった糖質は、中性脂肪として体に蓄積されてしまいます。(※1)

「糖質制限ダイエット」とは、糖質を摂り過ぎないように食事の内容をコントロールするダイエット方法です。糖質をいっさい摂らないのではなく、必要な量をとるように心がけましょう。

ロカボダイエット

「ロカボ」とは、1食で摂取する糖質量の基準を20g~40gとして、適正糖質を心がける食事方法です。(※2)ロカボの考え方を取り入れた糖質ダイエットを「ロカボダイエット」といいます。

無理のない範囲で始められる、おすすめの糖質ダイエットです。極端な糖質制限ではないので、工夫しだいでおいしい食事を楽しみながら続けられますよ。

ローカーボダイエット

「ローカーボ」とは、病院で糖尿病や肥満の治療に活用されている「糖質制限食」のことです。糖質を制限した代わりに脂質でエネルギーを補うことから「高脂質食」とも呼ばれます。(※3)

ローカーボの考え方を取り入れた糖質ダイエットを「ローカーボダイエット」といいます。糖質を厳しく制限するほど体重が減りやすいですが、長期的にローカーボ食をとると心筋梗塞のリスクが増えるという研究結果があるため、注意が必要です。(※4,5)

糖質ダイエットのやり方

無理な食事制限は避けよう

糖質は主食に多く含まれていますが「ごはんやパンをいっさい食べない」といった無理な食事制限は避けましょう。

ロカボの考え方をもとにすると、糖質制限ダイエットをおこなう際にとりいれる糖質の目安量は一食あたり20g~40g、一日あたり70g~130gです。(※2)

ごはんの量はおおよそ半膳程度をおすすめします。ごはんの量を減らすのが辛い方は、糖質をカットしたパンやうどんなどの商品をとりいれるとよいでしょう。

糖質が控えめなものを選ぼう

ただ単に食べる量を減らすだけではなく、食材の選び方を工夫するのが糖質ダイエットを続けるコツです。

きのこ類や海藻類、乳製品や卵、大豆製品、野菜類は糖質が少ない食材なので積極的におかずにとりいれ、食事の満足感をアップさせましょう。料理の甘みをつける際は、低糖質甘味料を活用してくださいね。(※2,6)
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rihoco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう