ライター : motomoto

家で料理をつくったり、ふらふらと車でお出かけしたり、カルディでいいものをみつけたり……なにげない日々を過ごしています。 美容や健康にも興味あり! お役に立てるような情報をお届け…もっとみる

どっちが好み?ロースカツの特徴&ヒレカツとの違い

ロースの部位の特徴

豚肉は主に肩ロース・ロース・モモ・ヒレ・バラなどの部位があります。カツを作るときにロースを選ぶべきか、ヒレを選ぶべきか、迷ってしまう人もいるのでは? 本当はロースのことをあまり知らないという人のために、特徴を紹介しますね。豚肉ロースは赤身と脂身のバランスが絶妙で、きめこまかくやわらかで適度に脂肪がついています。 脂身のフチのほうには旨みが凝縮されており、ポークソテー・豚カツ・焼豚・ロースハムにして味わいたい人におすすめです。

ヒレカツとの違い

ヒレは豚肉の中でも特にきめ細やかで、ロースよりもさらにやわらかな食感が特徴です。脂身が少なくサッパリとした味で場所はロースの内側にあります。 豚肉一頭あたりで約1kgしかとれない希少な部位であることも特徴のひとつです。おすすめの料理はヒレカツをはじめソテーにしてもおいしいと言われています。 日本食品標準成分表によると、豚(大型種肉)の脂身つきのロースとんかつのカロリーは100gあたりで450kcal、赤身のヒレとんかつのカロリーは388kcalです。(※1)

ロースカツの人気レシピ3選

1. サクサク衣の「基本のとんかつ」

Photo by macaroni

【材料(2人分)】
・豚ロース肉(とんかつ用)……2枚
・塩こしょう……少々
・小麦粉……適量
・卵……1個
・パン粉……適量
・サラダ油(揚げ用)……適量

出典: macaro-ni.jp

ロース肉を使用した基本のとんかつです。衣がロースの旨みを閉じ込めながらも、サクッとした食感を楽しめるのが魅力のひとつ。お子さんから大人までおいしく味わえますよ。アレンジもきくので覚えておくと便利です。

2. サクサク食感がたまらない「ミラノ風カツレツ」

Photo by macaroni

【材料(2人分)】
・豚ロース肉(とんかつ用)……2枚
・小麦粉……適量
・卵……1個
・パン粉……適量
・粉チーズ……大さじ3杯
・オリーブオイル……大さじ3杯

出典: macaro-ni.jp

揚げ焼きにしたサクサク食感が楽しいミラノ風カツレツです。ロースを叩き繊維を断ち切ると、やわらかに仕上がりますよ。衣に粉チーズが入っているので風味のよさがたまりません。日常のごはんはもちろん、お友達を招いてランチするときにピッタリのひと品です。

3. ごまが香る「豚ロースカツ」

ごまの香りが食欲を刺激する豚ロースカツです。ソースをたっぷりかけていただきましょう。家庭料理の定番のひとつともいえる豚ロースカツですが、ねりごまを加えるといつもとは違うおいしさを楽しめますよ。ごはんがじゃんじゃんすすむかも!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS