ロースとヒレの違いって?とんかつにすると低カロリーなのは、どっち!?

とんかつを食べる時にロースにするかヒレにするか迷うことはありませんか?そもそもロースとヒレの違いは何でしょう?やわらかいのはどっち?それぞれにあったお料理やカロリーの違いなど、ロースとヒレの違いについてご紹介。普段のお料理にも役立ちます。

ロースとヒレ、どっちを使う?

豚ロース肉とヒレ肉を使ったお料理はたくさんありますが、具体的な違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。ご家庭で料理をする際にも、どちらを使ったらよいのか悩んでしまう事もあるでしょう。

例えばトンカツを作る際はロースとヒレのどちらを選べばよいのか。ロースやヒレ肉は牛肉にもありますが、豚肉と牛肉でそれぞれの特徴はどのように違っているのでしょう?食べ方やカロリーなど、ロースとヒレの違いを知ると普段のお料理にも役立ちますよ。

違いはっきり、ロースとヒレ

ロースとヒレ肉の大きな差は脂の量。ロース肉はヒレ肉に比べて脂身が多く、ヒレ肉は脂身の少ない赤身です。またロース肉は背中の方の肉、ヒレ肉は細長い筋肉の部分です。ヒレは、一頭の豚や牛から取れる量は少なく、きめが細かいのが特徴。あっさりとした味わいで、特に女性から好まれているようですね。

また、ヒレ肉と呼ばれている赤身の部位にはカルニチンという成分が多く、豚肉よりも牛のヒレ肉に多く含まれているのだとか。カルニチンは脂肪燃焼に役立つと言われています。たんぱく質の多いお肉の中でもヒレ肉は元気の源になりそうですね。

ロース肉に含まれている脂身は程よい甘さがあり、お肉の甘みをたのしみたい方はヒレ肉よりもロース肉の方がおいしいと感じるかもしれません。

豚ロース・豚ヒレ

豚ロース

先ほども述べたように豚のロース肉はお肉の中でも脂身の甘みを感じやすい部位。豚の体の背中中央の方にあるお肉で、肩に近いものを「肩ロース」、より腹側にあるものを「ロース」と呼んでいます。

・ロース
キメが細かいのは、肩ロースよりも腹側のロース肉。脂身が多めで旨味が脂に凝縮されている特徴があります。

・肩ロース
肩ロースは、ロース肉よりも赤身が多くカレーや生姜焼きに使われることも多いお肉です。

ロース肉は、ソテーやとんかつ用に厚めにカットして使用したり、塊で使う他、薄切り肉として使用することも多く、野菜を巻いた肉巻き料理などにもよく使われています。

豚ヒレ

ヒレ肉は、背中の方にあるロース肉よりもより体の中心にあるお肉。筋肉質な部分でロースに比べるとわずかな量です。

筋肉質な豚ヒレ肉はロース肉に比べて脂肪分も少ないため、食べた際もあっさりとした味わい。ダイエット中の方はロースよりもヒレ肉のお料理を選ぶ人が多いのでは?トンカツで食べるのも人気のヒレ肉ですが、ステーキで食べることも多い部位です。

牛ロース・牛ヒレ

牛ロース

一口に牛ロースと言っても、肩ロースの部分とリブロースの部分があります。

肩ロース
牛の肩ロースも豚肉同様に背中側の肩に近い部分にあります。もっとも頭に近い場所にあるお肉で、霜降りの赤身が特徴です。

肩ロースは、しゃぶしゃぶやすき焼きなどには選ばれることが多い部位。ステーキとしても食べられています。

リブロース
リブロースは肩ロースよりも体の中央にあり、厚みのあるお肉です。きめ細かい肉質で旨味がある人気の部位です。肩ロース同様にしゃぶしゃぶやすき焼きにも好まれますが、ローストビーフなどにも使用されています。

牛ヒレ

牛ヒレ肉は数ある牛肉の部位の中でも最も高級な部位と言えます。ヒレ肉の中でもシャトーブリアンと呼ばれる場所はもっとも希少な部位で、わずかなヒレ肉のさらに一部を指します。

牛ヒレ肉はステーキをはじめ、ローストビーフやビーフシチューなどの煮込み料理にも用いられています。柔らかな肉質は人気の高い場所です。
▼お肉を柔らかくするコツはこちら

カロリーを比較

ロース肉とヒレ肉にはそれぞれ特徴の違いがあり、適したお料理も異なります。 一般的な特徴としてロース肉よりもヒレ肉の方が脂身が少ない印象ですが、ロース肉とヒレ肉のカロリーはそれぞれどれくらいあるのでしょう?

100gあたりの、カロリーについて比べてみました。

豚ロース

特集

SPECIAL CONTENTS