牛ロース肉と牛ヒレ肉の特徴

牛ロース肉

豚肉と同じように、牛肉もロースはひとつではありません。「肩ロース」と「リブロース」の2種類があるので、それぞれご紹介します。

肩ロース肉
肩ロース肉は、背中側の肩に近い部位にあります。もっとも大きな部位のひとつで、霜降りの赤身が特徴です。肩ロース肉は、しゃぶしゃぶやすき焼きなどに選ばれることが多い部位。ステーキとしても食べられています。

リブロース肉
リブロース肉は肩ロースよりも体の中央にあり、厚みのある肉です。きめ細かい肉質で旨味がある人気の部位ですね。肩ロース肉と同様に、しゃぶしゃぶやすき焼きにも好まれますが、ステーキやローストビーフなど肉本来のおいしさを味わう料理に向いています。(※2)

牛ヒレ肉

牛ヒレ肉は、数ある牛肉の部位でもっとも高級と言えます。なかでもシャトーブリアンと呼ばれる部位はもっとも希少で、わずかなヒレ肉のさらに一部を指します。牛ヒレ肉はステーキをはじめ、ローストビーフやビーフシチューなどの煮込み料理にも用いられています。(※2)

豚ロース肉と豚ヒレ肉のカロリーを比較!

ロース肉とヒレ肉にはそれぞれ特徴の違いがあるため、適した料理も異なります。 一般的な特徴として、ロース肉よりもヒレ肉のほうが脂身が少ない印象ですが、ロース肉とヒレ肉のカロリーはどれくらいでしょう。100gあたりのカロリーを比べてみました。

※ロースはいずれも、脂身つきの値を参照しています。

豚ロース肉と豚ヒレ肉のカロリー

豚ロース肉……248kcal
豚肩ロース肉……237kcal
豚ヒレ肉……118kcal

ロース肉、肩ロース肉ともに、筋肉質なヒレ肉と比べて脂身がある分、カロリーは高いです。一方で、ロース肉と肩ロース肉はそこまで大きな差はありませんね。(※3,4,5)

牛ロース肉と牛ヒレ肉のカロリー

リブロース肉……212kcal
牛肩ロース肉……221kcal
牛ヒレ肉……123kcal

豚肉同様、ヒレ肉よりもロース肉のほうがカロリーが高いですね。ステーキとして食べることが多いリブロース肉は、肉本来の旨味を味わえるため満足感が高まります。肩ロース肉は、脂が落ちるしゃぶしゃぶでいただけば比較的ヘルシーに食べられるのでおすすめ。(※6,7,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ