とんかつにするなら、豚ロース肉と豚ヒレ肉どっち?

家庭でとんかつを作る、または外食時にとんかつを食べるのであれば、豚ヒレ肉と豚ロース肉のどちらを選んだほうがよいのでしょうか?

前述の通り、豚ロース肉と豚ヒレ肉のカロリーにはある程度違いがありますが、どちらで作るのが正解というわけではありません。やわらかさや脂身など、それぞれの特徴を踏まえたうえでそのときの気分や、好みなどで選ぶのがよいでしょう。

食べ応えがあるのは「ロースかつ」

脂がほどよくついているロース肉は、食感もヒレ肉よりもジューシーに感じるでしょう。脂の甘みを味わえるので、肉を食べたという感覚がほしいのであれば、ヒレ肉よりもロース肉のほうがよいかもしれませんね。

1人分(150g)あたりのロースかつのカロリーは、644kcal。衣を使ったり、油で揚げたりしているため、やはり高カロリーと言わざるを得ません。(※9)

あっさり食べるなら「ヒレかつ」

脂身が少なめのヒレ肉で作ったとんかつであれば、ロース肉よりもあっさりとした味わいになるでしょう。脂っこいものが苦手な方や、ダイエットを意識する女性の方などは、ヒレかつを選ぶのがおすすめといえますね。

1人分(150g)あたりのヒレかつのカロリーは、569kcal。ヒレ肉が赤身である分、カロリーはロースかつに比べて控えめです。(※10)

お好みに合わせて肉を食べよう

ロース肉とヒレ肉は、どの部位もそれぞれにおいしいのですが、料理によって変えることが大切。紹介した内容を参考に、お好みに合わせて好きな部位をおいしく食べてみてくださいね。
【参考文献】
(2021/07/11参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ