平日の家事をラクにする。今週の作り置きリスト【vol.2】

忙しい毎日の生活で、私たちを助けてくれるのが「作り置き」。家事の合間や週末に作り置きしておくと、忙しいときでも慌てず、晩ごはんやお弁当の準備ができる心強い存在です。この記事では、さっと作れて保存の効く作り置きレシピをご紹介。日々の献立作りの参考にしてみてくださいね♪

2019年11月1日 更新

作り置きは未来の自分への保険!

週末の作り置きは、平日の忙しい自分への保険ですよね。仕事で遅くなったとき、ほかの家事が重なって料理できないときも、作り置きが安心です。

今回はmacaroni動画でご紹介。ごはんのおかずと副菜を5品ずつ集めてみました。今週の作り置きの参考にしてくださいね。

ごはんのおかず系

1. 旨味引き立つ。「鶏もも肉とれんこんの梅煮」

白いホーロー容器に入った鶏もも肉とれんこんの梅煮

Photo by macaroni

秋冬に旬を迎えるれんこんは、鶏もも肉でボリュームをアップさせて梅でさっぱりと煮込みました。

煮込むことで梅干しの酸味がほどよく飛ぶので酸っぱすぎず、子どもも食べやすい味に仕上がりますよ。鶏肉は煮込む前に一度焼き付けて、旨みをぎゅっと閉じ込めてから煮込みましょう!

2. こくうま。「豚肉とかぼちゃのごま味噌炒め」

白いホーロー容器に入った豚肉とかぼちゃのごま味噌炒め

Photo by macaroni

豚肉とかぼちゃを味噌で炒めた、素朴でごはんが進むレシピならこちらです。味噌ベースの調味料で炒め合わせ、最後に白すりごまを加えることで香ばしく濃厚な味付けに仕上げているので、ごはんとのが相性抜群!

あらかじめかぼちゃを加熱すると炒め時間が短くて済むので、パパッとすぐできるお手軽レシピです。

3. お手軽♪ 「ウインナーロールキャベツ」

白いホーロー容器に入ったウインナーロールキャベツ

Photo by macaroni

ロールキャベツの中身はひき肉だけとは限りません!くるくるとウインナーを巻いたら、お弁当にも使えるひと口サイズのロールキャベツができました。

キャベツの葉はあらかじめレンジで加熱すれば、ゆでるためのお湯を沸かす必要もありません。煮込むときは鍋に隙間なく詰めると荷崩れしにくいので、ロールキャベツの量にぴったりのお鍋を使ってくださいね。

4. 豆板醤でうま辛。「大根とひき肉のピリ辛炒め」

白いホーロー容器に入った大根とひき肉のピリ辛炒め

Photo by macaroni

寒い季節に手に入りやすい大根は、ひき肉と合わせてピリ辛に。レンジで加熱してから煮込むので、煮込み時間が大幅に短縮できますよ。時短だけでなく、味の染み込みもよくなるので一石二鳥です♪

ひき肉の代わりにバラ肉やロース肉を使えば、ボリュームがアップ!

5. ぎゅっと旨味染み込む。「甘辛きつねそぼろ」

白いホーロー容器に入った甘辛きつねそぼろ

Photo by macaroni

厚揚げと玉ねぎをメイン食材としてしょうがやほかの調味料で味付けしたひと品。材料費も安くすみ、簡単に作れるので節約したいときや忙しいときにぴったりです。

作っておけばランチや弁当、さらには晩ごはんのメインとしても使えます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう