スイッチポンのチャーハンで時短。今日の晩ごはん献立【vol.20】

毎日午後になると、頭を抱えてしまうのが夕食の献立。ある程度決まったメニューのローテーションだと、食べる方も作る方も飽きちゃいますよね。そんなあなたに、これからでも間に合う今晩の献立をご提案します♪ いつもと違う夕食に、家族もきっと喜んでくれるはずです!

2019年10月29日 更新

メイン「チキンチャーハン」

【調理時間:80分】

ボウルに調味料と鶏肉を入れ、10分ほど漬けて味をなじませます。炊飯器に米と混ぜ合わせた調味料、水を加えて通常と同様に炊飯します。炊きあがったら鶏肉を取り出し、食べやすい大きさにカット。

ごはんに溶き卵を加えて5分ほど蒸らし、よく混ぜ合わせてチャーハンを仕上げます。皿にチャーハン、鶏肉を盛り付けて粗挽き黒胡椒、ごま油、小口ねぎをのせてできあがりです。

鶏肉の漬けこみ時間は長い方がよく味が染みるので、朝のうちか前日の夜から漬けておくとよりスムーズに作業ができますよ。鶏もも肉の代わりに鶏むね肉でも代用できます。

サブ「さつまいものバター煮」

【調理時間:15分】

さつまいもは皮付きのまま2cm幅に切って水にさらし、あくを抜いておきます。鍋にさつまいもとひたひたの水、砂糖、バターを加えてひと煮立ちさせ、落し蓋をして弱火で5分ほど煮ます。裏返してさらに3分ほど煮てできあがりです。

粗熱を取って清潔な保存容器に入れ、2~3日で召し上がってくださいね。水が多すぎると煮崩れやすいので、適量を守ってくださいね。さつまいもが大きいときは適当な大きさに切って煮てください。

サブ「棒々エリンギ」

【調理時間:10分】

エリンギを耐熱容器に入れ、600wのレンジで2分ほど加熱します。エリンギの粗熱が取れたら手で割き、千切りにしたきゅうりとともに皿に盛り付けます。

調味料を混ぜ合わせてごまだれを作り、エリンギの上からかけてできあがりです。エリンギの大きさによってレンジでの加熱時間が異なるので、様子を見ながら調整してくださいね。好みでラー油をかけるとピリ辛味にアレンジできます。

余った食材もおいしく料理♪

余った材料でこんな料理はいかがですか? 特にさつまいも料理は作っておくと翌朝のおかずやお弁当でも重宝しますよ♪

炊飯器チャーハンでパパッと晩ごはん!

手軽そうに思われがちなチャーハンですが、家族の人数分作るとなると、結構な手間がかかります。炊飯器で炊いたごはんに卵を混ぜるお手軽レシピなら、おいしいうえに手軽で言うことなしですね!

明日のレシピもお楽しみに♪

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう