白湯ダイエットのやり方

飲む量

飲み水から摂るとよい水分の量は、一日あたり1,500ml程度です。そのうち、白湯を一日に飲む量は800mlまでを目安にしましょう。1回に飲む量は150~200mlとし、こまめに摂ってくださいね。

コップ1杯の白湯を少しずつ口に含み、10分ほどかけてゆっくりと飲むのがポイントです。(※2,8)

飲むタイミング

白湯を飲むタイミングは自由ですが、とくに朝食の30分前がおすすめです。胃腸の機能が活発化するので、食べ物の消化を助けてくれます。また、白湯を飲んで体を温めることで、朝一番から基礎代謝を高められますよ。

食事中に白湯を飲むのもおすすめです。食べるペースがゆっくりになり、食べ過ぎや早食い対策になるため、ダイエットにつながります。(※2,8)

白湯ダイエットに必要な白湯の作り方

白湯とは、何も混ぜていない水を沸騰させてから適温まで冷ましたお湯のことです。

水を何分くらい沸騰させるのか、適温とは何度なのか、気になりますよね。白湯の作り方を具体的にご紹介します。

材料

白湯の材料は、水だけです。1回に飲む分量はコップ1杯分の150ml~200ml。水道水やミネラルウォーターなど水の種類は何でもOKです。

白湯にはダイエットに役立つはたらきが期待できるとはいえ、いくらでも飲んでいいわけではありません。一日に白湯を飲む量は800mlまでにしましょう。(※2)

作り方

1. 分量の水を鍋に入れてふたをし、強火にかけて水を沸騰させます。
2. 水が沸騰したら弱火にします。ふたを外して、15分ほど加熱を続けます。
3. 火を止めて、水を約50度まで冷ましたら、白湯のできあがり。

目安は人肌より少し高いと感じる温度です。季節や体調によって、温度を調節してもかまいません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ