6. 白だし鶏ハムでお雑煮

しっとりとした鶏ハムを使ったお雑煮のレシピです。白出汁を使って作った鶏ハムは旨味たっぷりで、具材に入れるだけでお雑煮の味がピタリと決まります。いちいち出汁をとったり、醤油などの調味料で味を調える必要もなし。なにかと忙しいお正月にピッタリなお手軽なひと品は、急な来客時にもおすすめです。

7. 絶品!揚げ餅雑煮

関東のお雑煮は焼き餅を入れることが一般的ですが、こちらは揚げ餅を使ったひと品です。焼くか揚げるか、たったこれだけの違いですが、揚げ餅にかえるだけで油のコクがあっさりとしたすましの味にコクと深みをプラスしてくれるんです。お餅も作り立てはカリカリ、少し汁を吸わせるとジュワっとトロトロに。今年はちょっとひと手間加えて、旨味満点のお雑煮はいかがですか?

8. 我が家のお雑煮~福岡博多編~

博多は関西風の雑煮じゃないの? と思うかもしれませんが、意外にもすましのお雑煮が主流に地域なんです。具材もシンプルなものばかりで関東寄りのひと品。ただし出汁はあご出汁など、上品なものを使用しているのが特徴です。香り高いつゆが具材に染み込み、噛みしめる度に素材の味わいが広がります。乾燥椎茸を使うときは、戻し汁を加えるとグッと味に深みがでますよ。

9. 桜えびと水菜のお雑煮

雑煮の具としてはちょっとめずらしい桜えびと水菜ですが、どちらも香りがよく、上品な食べ心地の雑煮にピッタリな具材です。出汁の奥ゆかしい香りと、水菜のさわやかな香り、桜えびの磯の香りが絶妙にマッチして、これまでにない春めかしい印象のひと品に。赤と緑で色どりもよく、お正月の席にピッタリです。

10. 博多雑煮

こちらはかまぼこや伊達巻など、おせちの具材をお雑煮にも入れた変わり種レシピ。薄味の出汁を吸い込んだ甘い伊達巻は、口の中で旨味と甘みがジュワっと広がり至福の味わい。鶏肉やブリなど、塩系の味もしっかりあるので、やみつきになるおいしさですよ。おせちが余ってしまったときの救済としても役立ちます。

【関西】お雑煮レシピ10選

11. 【お正月の定番】やさしい甘みが広がる「白みそ雑煮」

Photo by macaroni

調理時間:20分
【材料(2人分)】
・大根……20g
・金時にんじん……30g
・里芋……2個
・しいたけ……2枚
・丸餅……2個
・だし汁……500㏄
・白みそ……80g

出典: macaro-ni.jp

こっくりとした甘みが特徴の白みそを使った、関西で定番のお雑煮レシピです。じんわりと甘みが広がり、その奥からは出汁の旨味が。具材がゴロっと入っているのも関西風ならではの特徴で、食べ応え満点です。白みその量を少し多めに入れるとしっかりと塩気が感じられ、おせちにもピッタリの仕上がりになりますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS