種にあたらない裏技も!柿の基本のむき方&切り方をマスターしよう♪

ほどよい甘みと栄養がたっぷり詰まった柿は、秋の代表的な味覚のひとつ。サクサクした歯ごたえのある固いものも、とろ~りやわらかく熟したものもおいしいですよね。そこで今回は柿の基本のむき方をご紹介します。包丁を使わないピーラーを使ってむく方法もありますよ。

2019年10月21日 更新

柿のむき方【ひと切れずつむく方法】

陶器の器に盛られた、カットされた柿

Photo by Raico

それではさっそく柿の基本のむき方をご紹介していきます。皮が付いたまま4つ切りにしてヘタを取り、ひと切れずつ手に持って皮をむいていく方法です。初心者の方も、今さら聞けないという方も、基本のむき方をチェックしてみてくださいね。

むき方の手順

1. 柿を4つ切りにする

まな板の上で柿の実に包丁を入れている様子

Photo by Raico

柿はヘタの部分を下にして、皮が付いたまま4つ切りにします。種付きの柿の場合は、柿の実の部分にうっすらとついている十字線に沿って切ればOK。種が包丁に当たらずに切ることができますよ。

2. ヘタを取る

ひと切れずつ柿のヘタを切り落としている様子

Photo by Raico

柿の実をまな板と手で固定しながら、包丁の刃をヘタの部分に入れて切り落とします。

3. 柿の皮をむく

ひと切れずつ柿の皮をむいている様子

Photo by Raico

柿の実を手に持ち、ひと切れずつ皮をむいていきます。ヘタ側から先端の方へ包丁を動かしてむきましょう。

コツとポイント

まな板の上に置かれた柿の実

Photo by Raico

柿の実の部分には薄く十字線がついていますが、種付きの柿の場合はその十字線に沿って包丁の刃を入れていきましょう。十字線のまわりには種がないため、切ると種に当たることなく、スパッときれいに切り分けることができますよ。

柿のむき方【丸ごとむく方法】

むき方の手順

1. ヘタを取る

包丁で柿のヘタを取っている様子

Photo by Raico

先にヘタを取ります。包丁の先端部分をヘタのまわりから斜めに差し込んで、くるっと一周回していきます。そうするとヘタの部分だけ取ることができます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生師/Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう