品種はなんと1000超え!? 柿の主な種類&甘柿と渋柿の見分け方

秋に旬を迎える柿は、栄養豊富でそのまま食べてもおいしいフルーツのひとつですね。何気なく食べている柿ですが、なんと種類は約1000もあるのだとか。主な品種や、甘柿と渋柿の違いや選び方を学びましょう。あなたはどれだけ柿の種類を知っていますか?

2018年4月27日 更新

甘柿の品種4選

1. 富有柿(ふゆう)

富有柿は岐阜県瑞穂市が発祥とされている完全甘柿の一種で、なんと柿の生産量のうちおよそ8割を占めているんです。ふっくらとした丸に近い四角の形をしていて、果皮は光沢があります。果肉はとろけるようなやわらかさがあり、甘くて果汁が多いのが特徴です。

収穫期は10月下旬から12月中旬頃まで。そのまま出荷される柿と、冷蔵で貯蔵され12月から2月に出荷されるものがあります。

2. 次郎柿

硬めで歯ごたえのある次郎柿。四角い形をしていて、側面に側線状の浅いくぼみがあるものが多いです。種はほとんどなく、果汁が少なく酸味もなく、コリコリとした食感があります。

以前よく栽培されていましたが、現在の生産量は全体の3%ほどで、愛知県豊橋市が生産地として有名です。10月下旬頃から12月初旬頃まで収穫されます。

3. 松本早生(まつもとわせ)

松本早生は富有柿の早生品種に当たり、普通の富有柿よりも1~2週間ほど早く成熟します。富有柿との差はなく、完全に甘柿で大きさは250g前後。丸みのあるふっくらとした形で、明るい橙色の果皮をしています。果肉は比較的やわらかめで富有柿らしい食感と甘さがあります。日本の広範囲で栽培され、10月下旬~11月上旬によく出回ります。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう