4. 生地を伸ばす

Photo by morico

生地がしっかりと混ざったら、ボウルの中で4等分にします。1つずつ麺棒を使い伸ばしていきます。生地がまな板や麺棒にくっついてしまう場合は、打ち粉(材料外)をしてください。

5. 生地を竹串に巻く

Photo by morico

冷凍庫からチーズを巻いた竹串を出し、伸ばした生地を巻いていきます。くるくると巻き、頭部分は丸く形を作ってください。根本部分は竹串にくっつけます。チーズがもれないように、できるだけすき間を埋めてください。

6. パン粉をつけて油で揚げる

Photo by morico

生地の全体にパン粉をつけます。パン粉がつきにくい場合は、溶き卵(材料外)を生地の表面につけてみてください。パン粉をつけたら油に投入します。温度は160度くらいでOKです。ムラにならず、全体的にこんがりとした色味がつくように、くるくると回しながらおこないます。

7. 盛りつける

Photo by morico

全体がきつね色になったら、油から出してバットの上に置きます。お好みで砂糖をまぶしたり、ケチャップやマスタードをかけて完成です。揚げたては生地がサクッモチッとしてチーズものびますよ。

冷めてしまった場合は、ラップをしてレンジで加熱してください。500Wのレンジで、冷めきっているときは1分~1分半、まだ少し温かいときは20秒~様子をみましょう。温めすぎると、チーズが溶けて生地から出てきてしまうので注意してくださいね。

韓国チーズドッグ(ハッドグ)のアレンジレシピ3選

1. おやつに最適。ころころチーズドッグ

串に刺さずころころと丸めて、ひと口サイズに作るこちらのレシピ。材料や工程はほとんど変わりません。さけるチーズをひと口サイズに合わせてカットし、生地で包み込みましょう。ベビーチーズを使ってもOKです。ドーナツのような感覚で食べられる、子供のおやつにぴったりのチーズハットグですよ。

2. もっちもち!お餅の明太子チーズドッグ

お餅と明太子、チーズを入れるハットグです。韓国のチーズハットグを和風に楽しめます。お餅が入っているので食べ応え抜群です。明太子の塩味がホットケーキミックスの甘さとマッチしておいしい!ひと味違うチーズハットグを食べたいときにおすすめのレシピですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ