人参のみじん切りの仕方

Photo by sakura4

みじん切りとは、食材を1mm角から2mm角ほどの細かいサイコロ状にする切り方です。 3mm角から4mm角ほどのサイズに切ったものは粗みじんと言います。どちらの切り方もいろいろな料理に使うことができるので、ぜひマスターしてくださいね。 今回は、基本となる人参のみじん切りの仕方をご紹介します。

上手に切るコツ・ポイント

大きさをそろえて切ることが、料理の見栄えや味わいをよくする最大のポイントです。お料理初心者の方は少量ずつ、ゆっくり丁寧に切ってくださいね。

基本の切り方

1. 人参をスライスする

Photo by sakura4

人参を5cmぐらいの輪切りし、皮をむきます。切った人参を立て、1mmから2mmほどの幅にスライスします。

2. 重ねて千切りにする

Photo by sakura4

スライスした人参をずらしながら重ね、1mmから2mmほどの太さの千切りにします。

3. 端から細かく切る

Photo by sakura4

千切りにした人参を90度回転させ、端から1mmから2mmほどの大きさに刻んで完成です。

人参のみじん切りを使ったアレンジ5選

1. エビピラフ

Photo by macaroni

みじん切りにした人参と玉ねぎを、バターでじっくり炒めたエビピラフ。エビの旨みがご飯に沁み込んだ絶品です。生米から丁寧に作る本格派なのに、フライパンひとつでできちゃうんですよ。人参のオレンジ色が映えるひと品ですね。

特集

FEATURE CONTENTS