ローディング中

Loading...

一年中手に入りやすい身近な野菜の人参、賞味期限ってどのくらいだかご存じですか?大きすぎて使い切れなかったり、たくさんあっていつの間にか腐らせてしまったり‥そんな経験はもうしたくない!今回は人参の賞味期限や長持ちする保存方法をまとめました。

人参はいつまで食べられる?

根菜は日持ちするから大丈夫!なんて油断して大量買いすると、ついつい腐らせてしまうことってありますよね。葉物野菜より日持ちするイメージの人参ですが、購入後どのくらい保存できるかご存じですか?

今回は、人参の保存方法や、それによって変わる賞味期限など詳しくご紹介していきます。時短調理ができるお弁当作りに便利な保存方法など、ぜひ参考にしてみてくださいね!

人参は冷蔵庫の野菜室で保存!

スープやきんぴら、離乳食などさまざまなレシピで活躍する人参。栄養価も高く、料理の彩りもよくなることから、冷蔵庫に常備しておきたい野菜のひとつですよね。

そんな人参ですが、皆さんはどのように保存していますか。人参は常温保存ができる野菜ですが、夏場や火を使うキッチンでは温度・湿度ともにあがりやすいため、常温保存には適しません。

そこでおすすめなのが、冷蔵庫の野菜室です!野菜室は普通の冷蔵室と比べて野菜を保存するのに適した温度と湿度が保たれています。人参を購入したら野菜室へ!ですが、ただ野菜室に入れるだけではもったいない!今回は、ちょっとしたひと工夫で人参を日持ちさせる方法をご紹介していきます。

冷蔵庫での保存方法

人参に限ったことではないのですが、野菜を冷蔵庫に入れる前に気にしてほしいのが水分です。

野菜に水分が付着していると、それだけで腐りやすくなってしまいます。人参を冷蔵庫で保存する場合は、まずキッチンペーパーなどで水分をしっかりと拭き取りましょう。

野菜は乾燥にも湿気にも弱く、適度な湿度を保って保存すると長持ちします。水分を拭き取った人参を乾燥と湿気から守るために、新聞紙やキッチンペーパーなどで一本ずつ包みます。包んだ人参はビニール袋に入れてしっかりと口を閉じましょう。

次に、野菜室への入れ方です。人参は土の中で縦に育ちます。野菜室の中でも立てて保存すると傷みにくくなります。

人参の賞味期限

上でご紹介した人参の保存方法を実践すると、だいたい2週間から4週間ほど保存ができます。新聞紙やキッチンペーパーが濡れてきたら取り換えると日持ちしやすくなりますよ。

人参は購入した時点では出荷からどのくらい日にちがたっているかわかりません。そのため、きちんと保存したからといって長い期間傷まないとは限らないのです。人参がシワシワになってきたり乾燥してきたら、早めに食べるようにしましょう。

常温の保存は不可能?

人参に限らず、野菜は温度が高いところで保管すると、すぐに傷んでしまいます。温度が高くない冬場は冷暗所で常温保存もできますが、暖房の暖かい風が直接あたらないように気を付けてくださいね。

ですが、注意したいただきたいのが秋から冬にかけてと、冬から春にかけての常温保存です。この時期は、気温・湿度ともに過ごしやすく、野菜も常温保存で問題ないのではと思ってしまいがちですが、いくつか注意点があります。

常温保存の仕方

人参は葉っぱが付いたまま売られていることがあります。この葉は傷みやすいので、保存する際は根本から切り落としましょう

水分を拭き取り、新聞紙やキッチンペーパーで一本ずつ包みます。それをビニール袋に入れ、冷暗所に立てて保管しておけば長持ちしますよ。

常温での保存期間

冬場に涼しい場所で人参を保存した場合、賞味期限は2週間~4週間です。条件によってはそれ以上でも傷まずに保存できるので、こまめに状態をチェックしてみてくださいね。

冷凍保存で長持ちする!

人参は冷凍保存ができる野菜です。常温で保存するより長持ちするので、しばらく人参は使わないというときはぜひ冷凍保存を試してみてください。

冷凍保存の仕方

人参は冷凍保存できますが、生のまま冷凍すると味や食感が変わってしまいます。茹でてから冷凍する方法がおすすめです。

1.まず人参を調理しやすい大きさに切ります。
2.サッと茹でてから、しっかりと水気を切ります。
3.一回に使う量をラップで包み、フリーザーバッグなどに入れて冷凍しましょう。

フリーザーバッグに空気が入っていると劣化しやすくなるので、なるべく空気を抜いてから冷凍すると長持ちしますよ。

調理する際は解凍すると、人参の水分が抜けてしまい食感が悪くなります。冷凍した人参はそのまま調理に使います。千切りやみじん切りにした人参を冷凍しておけば、朝の時間がないときでも短時間できんぴらなど一品作れますね。

冷凍での保存期間

冷凍した食材は、酸化や乾燥が防げるので冷蔵保存した食材よりも長持ちします。しかし冷凍庫の開け閉めで温度の変化もあり、少しずつ品質は劣化していきます。冷凍保存した人参は、1か月を目途に使い切るようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

主食にもなる!里芋・ヤムイモに似ている「タロイモ」って?

レシピ

タロイモという食材をご存知でしょうか?タロイモとは里芋にも似ていると言われています。日本ではなく海外で和食になることもあるのだとか。ここではヤムイモ、里芋などに似たタロイモについて詳しくご紹介していきましょう…

泥つきが一番長持ち!さつまいもの上手な保存方法&賞味期限

さつまいも

甘くておいしいさつまいも。さつまいもの正しい保存方法を知っていますか。さつまいもの保存は洗わないことが長持ちの秘訣です。そのままの保存や冷凍保存方法、カットしたものはどうしたら?など、旬のさつまいもをぐっと長…

ひと月長持ち!豚肉の上手な冷凍保存方法&賞味期限

なにかと色々な料理に使いすい「豚肉」。便利により長く保存するなら、やっぱり冷凍が一番♩気になる保存期間や、味付け肉の保存についてなどのポイントをご紹介いたします。賢くおいしい冷凍保存で、毎日のごはん作りまで楽…

【最短5分】簡単すぎるレタスサラダのレシピ25選!

サラダ レシピ まとめ

レタスサラダの簡単にできるレシピを紹介します。お肉や魚などの主菜の添え物ではなく、主役になれる人気レシピがいろいろあります。材料の他にも、野菜の切り方やドレッシングで変化をつけられるので、いろいろ作って楽しん…

【包丁・鍋・レンジ】で簡単に!里芋の皮むき方法を徹底攻略

里芋の皮むきって手間がかかって大変ですよね。ヌメりで滑ったり、手がかゆくなるという方も多いはず。そこで今回は、包丁・鍋・レンジの3つを使った、簡単な皮むき方法を大公開!面倒な皮むきが、これからはスムーズにでき…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【女子必見】アンケート結果からわかったモテる差し入れ5選!!

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

知っておくべきチーズと日本酒の人気マリアージュ3選+α

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

妊活中・妊娠中に避けたい食べもの『5』選!

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

冷蔵庫の中を綺麗にする方法9選♡こんな収納術はいかが?

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

カラフルでかわいい「ハリボーアイス」に注目!ハリボーのアレンジレシピも紹介

レシピ

ポップでカラフルなクマ型のグミ「HARIBO」がゴロゴロと入った「ハリボーアイス」が注目を集めています。ジュースを変えたり、グミの量を変えたりあなた好みのハリボーアイスが楽しめますよ。ほかにもハリボーのアレン…

こんな食べ方知ってた?「冷凍ランチパック」におすすめの種類まとめ

パン スイーツ ランチ まとめ

「冷凍ランチパック」を知っていますか?山崎製パンの「ランチパック」を冷凍庫で凍らせて食べる新しいアレンジ方法です。今回は、冷凍するとおいしいランチパックの種類をご紹介!今年の夏は、冷たくておいしい冷凍ランチパ…

もうチェックした?2016年上半期に日本初上陸したグルメ6選!

かき氷 シュークリーム 秋葉原 新宿 原宿 ハンバーガー ピザ まとめ

近年、さまざな海外グルメが注目を集めています。2016年上半期も、すでにたくさんの海外グルメが日本でも食べられるようになりました。そこで今回は、日本初上陸の海外グルメをご紹介!ぜひこの機会に、気になるお店をチ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る