ライター : 佐々木 梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

豆腐の栄養って?

木綿豆腐と絹ごし豆腐は食感の違いから向いている料理や好みがありますね。どちらも低カロリー・低糖質ではありますが、実はこのように含まれている栄養素の量も違うんです。 その秘密は「どうやって作られるか」の違いにアリ!(※2) 木綿豆腐は、豆乳に凝固剤を加えたものに、圧力をかけて水分を絞り固めたものです。 一方絹ごし豆腐は、木綿豆腐よりも濃い豆乳に凝固剤を加えて、そのまま固めます。そのため、同じ豆腐であっても木綿や絹ごしによって栄養素に違うがあるのです。

カロリー

木綿豆腐のカロリーは80kcal、絹ごし豆腐は62kcalとどちらも低カロリー。(※100gあたりで算出) 豆腐は、かさ増し食材として利用したり、そのまま食べたりなど料理ではいろいろな使い方ができるので万能食材です。

糖質

豆腐の糖質は木綿豆腐で0.4g、絹ごし豆腐で1.1gと、木綿豆腐の方が低糖質です。(※100gあたりで算出) 糖質を気にしながらダイエットをしているひとにはうれしい食材ですね。しかし、砂糖やみりんを使う白和えや、片栗粉を使う麻婆豆腐など、レシピによっては組み合わせる調味料で糖質量があがってしまうので注意しましょう。

たんぱく質

たんぱく質は木綿豆腐で7.0g、絹ごし豆腐で5.3gになります。(※100gあたりで算出) 木綿豆腐は水分を絞って作られることで、栄養素もギュッと圧縮されるのです。 水分が少なく崩れにくい木綿豆腐は、豆腐ステーキや麻婆豆腐など焼いたり炒めたりするときに、やわらかく喉越しがいい絹ごし豆腐は、冷奴やサラダに向いていますよ。

カルシウム

カルシウムは木綿豆腐で93mg、絹ごし豆腐で75mgです。木綿豆腐は絹ごし豆腐に比べると2〜3割多いことがわかりますね。(※100gあたりで算出) カルシウム不足が原因のひとつである骨粗鬆症は、骨の密度がスカスカになり骨折しやすくなってしまう病気です。カルシウムはたんぱく質を一緒にとると、骨に定着しやすくなるとされているので、豆腐は骨粗鬆症予防にもおすすめの食材です。

カリウム

豆腐のカリウムは木綿 110mg、絹ごし 150mgとなります。(※100gあたりで算出) 木綿豆腐は作る際に水分を絞る過程がありますが、そのときにカリウムが一緒に流れ出てしまいます。このため、水に溶け出しやすいカリウムは絹ごし豆腐に比べ少なくなってしまう傾向があります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS