ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

まずは普段の主食の糖質を知ろう!

ご飯にパン、麺類などの炭水化物は糖質が多いといわれていますが、実際のところどれだけの糖質が含まれているのでしょうか。 白米……36.8g 食パン……44.4g うどん(ゆで)……21.3g スパゲッティ(乾燥)……69.5g ラーメン(ゆで)……29.0g (※すべて100gあたりで算出) これが果たして高いのか低いのか、糖質制限をはじめたばかりの方はイマイチわからないですよね。(※1)これらの糖質量をベースに、これからいろんな食品の糖質をご紹介していきます!

糖質が低い食べ物

野菜類

なんとなく野菜はどれも糖質が低め、なんて思いませんか? たしかに多くの野菜は低糖質です。しかし中には糖質量がやや多いものもあるので、食べるときには注意が必要です。 カリフラワー……2.3g キュウリ……1.9g 大根……2.7g ほうれん草……0.3g (※すべて100gあたりで算出) 葉物の糖質はやや低いですが、大根やカリフラワーは他の野菜に比べるとやや高めです。同じ野菜でも糖質量は異なるので、野菜を食べるときも種類や食べる量には気をつけましょう。

芋類

芋類の中でも、原料にこんにゃく芋を使っているこんにゃくはカロリーだけでなく糖質量もとっても低め! 生芋を使っている板こんにゃく……0.3g、 精粉芋を使用した板こんにゃく……0.1g 里芋……10.8g じゃがいも……8.4g (※すべて100gあたりで算出) 弾力があって腹持ちもいいので、調理法を工夫すれば糖質制限にはかなり心強い味方になりそうです。 また、芋類はどれも糖質量が多いので、糖質制限中は控えるのがいいのですがたまにはあのホクホクを食べたいですよね。そんな時は里芋やじゃがいもがおすすめ。こんにゃくに含まれる糖質量と比べるとやや高めですが、芋類の中ではかなり低めなんです。

大豆類

豆類の中で糖質が低めなのは大豆製品です。 木綿豆腐……0.4g 絹ごし豆腐……1.1g がんもどき……0.2g おから……2.3g 豆乳……2.9g (※すべて100gあたりで算出) 豆腐は冷奴やサラダ、お味噌汁の具材として活用すると満足感もでるので、これは積極的に食べたいですね。ダイエットや糖質制限にいいと注目されているおからも比較的糖質量が少ないです。これらの食材も上手に取り入れると糖質制限も捗りそうですね。

肉類

肉類は糖質制限中でも安心して食べられる糖質が少ない食品たちです。 牛肉……0.1〜0.6g 豚肉……0.1〜0.2g 鶏肉……0.1〜0.2g 牛の肝臓……3.7g 豚の肝臓……2.5g 鶏肉の肝臓……0.6g (※すべて100gあたりで算出) また、ロースハムやベーコン、ウインナーなどの加工肉も比較的糖質量は低め。とりいれ方を工夫すれば、肉類も我慢せずに楽しめます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS