肝臓に良い食べ物を使ったレシピ2選〜サラダ編〜

1. シャキシャキもやしの明太ごまネーズ

ビタミンB群や良質のたんぱく質を多く含むもやしのサラダです。 ごまに含まれるセサミンが肝機能を高め、保護してくれます。また大葉もカロテンやビタミンB群、ビタミンEが豊富で肝臓のために良い食材です。日頃から積極的にとりいれましょう。

2. ブロッコリーとうずらのピクルス

Photo by macaroni

ビタミンCの宝庫ブロッコリーと良質のたんぱく質であるうずらの卵のピクルスです。 ブロッコリーのビタミンCの含有量はゆでたもので54mg、レモンは、全果で100mg、果汁で50mg。(※9)ブロッコリーのビタミンCがいかに多いかがわかりますね。※すべて100gあたりで算出

肝臓に負担をかけない食生活を!

最大の臓器である肝臓。症状が現れにくいため「沈黙の臓器」とも呼ばれるています。体がだるい、疲れやすい、食欲がないなどの体の不調が出たら肝臓が疲れているのかもしれません。 また、肝臓の機能が低下すると、血液の流れが悪くなったり、血液中のたんぱく質が減少するため、むくみが起きやすくなるため、塩分も過剰にならないように薄味を心がけましょう。 肝臓をいたわるためには、食生活を見直し、しっかり休養をとりましょうね。
【参考文献】
【文】管理栄養士 / 白江和子
夫にそそのかされて、40代で管理栄養士の資格を取得。健康診断の仕事(内臓脂肪測定等)を不定期でしています。
【監修】管理栄養士 / 服部麗 学生時代のインターンを経て予防医療の重要性を感じる。健康につながる正しい食事のとり方やダイエット方法を伝えるために、栄養カウンセリングや特定保健指導、コラム執筆などをおこなう。そのほか、書籍監修やレシピ開発、セミナー講師など幅広く活躍中。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ