女性の味方!「あずき茶」の作り方と効果・効能

あずきを煮出して作る、あずき茶をご存知ですか?カフェインが入っておらず、カロリーゼロという嬉しいお茶で、ダイエット中や妊婦さんにもおすすめのお茶なんです。今回は、あずき茶の作り方や効能など気になる情報をたっぷりご紹介します。

「あずき茶」ってなに?

皆さんは「あずき茶」をご存知ですか?あずきといえば、和菓子や赤飯、おしるこなどに使われているので“あずき”に馴染みのある人はほとんどだと思います。しかし、それをお茶にするのはなかなか意外な発想ですよね!

あずきはその小さな粒の中に、たくさんの栄養を含んでいて、冷え性やダイエット効果も期待できます。女性には嬉しい効能があるんですよ。

あずき茶の作り方

あずき茶は、あずきを煮るときに出る煮汁と、熱湯で煮出して飲むタイプがあります。前者は、豆のえぐみが強く出るため、基本的に熱湯で煮出して飲むタイプが一般的です。

煮出しタイプは、ご家庭にある保温用の水筒があれば、簡単に楽しめますよ。水筒に小豆を入れて、かぶるくらいの熱湯を注いだら、一度お湯だけこぼします。再び熱湯を注ぎ入れて、フタをして一晩(8時間)ほど放置したらできあがり!
そのまま飲んだり、水やお湯で割ったり、甘みを加えたい場合は砂糖やはちみつなどを加えても良いですね!

香ばしい風味を楽しむポイント

小豆をフライパンやトースターなどで約10分ほど乾煎りしてから煮出すと、香ばしい風味がアップしますよ。

ノンカフェイン・カロリーゼロ

あずき茶は完全にあずきのみで作られているので、安心して飲むことができます。 カフェイン成分が含まれておらず、お子様や妊婦さんが飲むのにもおすすめ。

またカロリーゼロということで、ダイエット中の方にもぴったりのお茶なんです。

あずき茶の効能

むくみ対策

あずきには“カリウムが含まれており、細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持・調整する働きがあります。利尿を促し体内のナトリウムを体外へ排出すれば、むくみ対策になります。

冷え性対策

また、あずきに含まれるサポニン、ポリフェノールには、血流をスムーズにしてくれる効果が期待できます。体内の血の巡りをよくすれば、冷え性対策になりますね。

ダイエット効果も期待!

また、サポニンは、腸で吸収したブドウ糖が脂肪と合体しないよう働きます。脂肪が蓄積しないことで、ダイエット効果が期待できます。
食物繊維も豊富なので、便秘対策、さらにビタミンやポリフェノールなどダイエット中に不足しがちな栄養素も含まれているので、健康的なダイエットをはじめてみるときにはぴったりの飲み物なのです。

特集

SPECIAL CONTENTS