効果効能も詳しく!「あずき茶」の作り方&アレンジまとめ

あずきを煮出して作る「あずき茶」。カフェインが入っていないという嬉しいお茶で、ダイエット中や妊婦さんにもおすすめなんです。今回は、あずき茶の効果効能を中心に、作り方やさまざまなアレンジなど、気になる情報をたっぷりご紹介します。

あずき茶とは

あずきといえば、和菓子や赤飯、おしるこなどに使われているイメージがありますよね。しかし、今回ご紹介するのは、そんなあずきを煮出して作る「あずき茶」!あずきをお茶にしようという発想が、なかなか意外ですよね。

あずきはその小さな粒の中にたくさんの栄養を含んでいて、冷え性対策やダイエット効果など、女性に嬉しい効能が期待できるんですよ。

どんな味わい?

あずきだけで作るあずき茶は、甘くないおしるこのような味わいがするのだとか。あずき本来の風味が口の中に広がるので、ほっこりと落ち着きたいときや、就寝前などに飲むと良さそうですね。

妊婦でも平気?あずき茶のカフェインについて

あずき茶は完全にあずきのみで作られているので、カフェインが含まれていません。そのため、妊婦さんや授乳中の方、お子様でも安心して飲むことができますよ。ダイエット中じゃなくても、ほっとひと息つきたいときに飲むのもいいですね。

女性の味方!あずき茶の効果効能

冷え性対策

あずきに含まれるサポニンには、血流をスムーズにしてくれる効果が期待できます。体内の血の巡りをよくすれば、冷え性対策につながりますよ。

免疫力の向上

わたしたちの体内には、ウイルスや細菌から体を守ってくれる免疫細胞が数多く存在します。そのなかのひとつである「ナチュラルキラー細胞」は、上でも挙げたサポニンによって活性化することが認められており、あずきを摂取することで免疫力の向上につながりますよ。

貧血対策

貧血対策によく挙げられる鉄ですが、実は鉄が赤血球のヘモグロビンを生成するためには、銅が鉄を利用できる形に変化させる必要があるんです。そのため、貧血を緩和させるためには、鉄だけでなく銅も重要。

あずきには銅が豊富に含まれているので、積極的に摂取したいですね。

あなたをサポート!あずき茶のダイエット効果

脂肪の蓄積を抑える

サポニンはほかにもさまざまな作用があり、そのなかのひとつに、吸収されたブドウ糖が脂肪とくっつき脂肪として蓄積されることを抑制する働きがあります。脂肪はダイエットの天敵なので、そもそも溜め込まないということが大切です。

炭水化物の代謝をサポート

炭水化物(糖質)は体内でエネルギーに変換され、体を動かしたり頭を働かせたりするのに使われます。しかし、エネルギーとして利用されなかった炭水化物は、そのまま脂肪として蓄積される結果に……。

あずきに含まれるビタミンB1は、リン酸とともに酵素をサポートし、炭水化物の代謝をサポートする役割があります。効率よくエネルギーに変えることで、脂肪になることを抑えられるんですね。

むくみ対策

あずきには、カリウムという成分が豊富に含まれています。このカリウムは、細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持・調整する働きがあり、利尿を促してむくみの原因となる余分なナトリウムを体外へ排出する役割があるんですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう