ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

タリアータの基本の作り方(調理時間:30分)

Photo by leiamama

ローストした牛肉のピンク色の断面と、ルッコラやパルミジャーノチーズとのコントラストが食欲をそそるタリアータは、イタリアでポピュラーな肉料理。定番のバルサミコベースのソースを使う基本レシピをご紹介します。

材料(2人分)

Photo by leiamama

・牛もも肉……300g
・ニンニク……1片
・パルミジャーノチーズ……10g
・水菜……1束
・紫玉ねぎ……1/4個
・赤ワイン……大さじ2杯
・バルサミコ酢……大さじ2杯
・砂糖……大さじ1杯
・オリーブ油……大さじ2杯

作るときのコツ

牛肉の下味に使う塩コショウは焼く直前にまぶしておきましょう。時間をおくと肉から水分が出て硬くなってしまいます。焼き時間は各面2分ほど。アルミホイルで包み、10分ほどおいて肉汁を落ち着かせることがしっとりやわらかに仕上げるコツです。

イタリアではルッコラを使うことが多いようですが、葉物野菜であればどんなものでもOK!

作り方

1. 下ごしらえをする

Photo by leiamama

牛肉は室温に戻し、フォークを刺して穴を開けることで、肉が硬くならず味も染み込みやすくなります。そのあと、全体にまんべんなく塩コショウ(分量外)をふっておきましょう。

水菜は5cmくらいに切り、紫玉ねぎは薄くスライスして水にさらします。

2. 肉を焼く

Photo by leiamama

フライパンにオリーブ油とつぶしたニンニクを入れて火を点けます。熱くなったところで牛肉を入れ、強火で各面をしっかりと焼き固めましょう。

全部の面に焼き目をつけたら、赤ワインを半量入れ、アルコールを飛ばして火を止めます。

3. アルミホイルに包んで休ませる

Photo by leiamama

アルミホイルを二重にして包み10分ほど休ませたら、肉を取り出します。肉は1cmくらいの厚みでスライス。アルミホイルの肉汁は取っておいてください。

編集部のおすすめ