ローディング中

Loading...

ローストビーフは、お家でも簡単に作れます。でも、ローストビーフに適した部位や作り方ってご存じですか?部位ごとの魅力、おいしく作るコツ、おすすめレシピなどをまとめてご紹介します。豪華な夕食に、ホムパに役立ててみてください。

おいしくローストビーフを作るには?

ローストビーフはレストランでも人気のメニューです。あの口どけや柔らかさは特別な味わいですよね。

今回ご紹介するのは、おうちでローストビーフを作る際に覚えておきたいこと。ローストビーフを作るには、ただ高級なお肉を使うだけではおいしくできあがりません。ローストビーフをおいしく作る際、どこの部位がおすすめか、おいしい作り方や食べ方までご紹介します。

ローストビーフにおすすめの部位

口どけなめらかなローストビーフをおうちでも作れると嬉しいですよね。おいしく作れる部位を知っていると、できあがりが違ってきます。どの部位が一番おすすめのかご紹介しますね。

赤身の部位がおすすめ

ローストビーフを作るには、赤身の部位がおすすめです。脂身が多い部位だと冷めた後、固くなってなめらかな食感が楽しめません。ローストビーフは冷めた後に食べるので、冷めてからおいしく食べられる赤身を使って調理しましょう。

おすすめの部位5つ!

ローストビーフを作るには、おすすめの部位があります。それぞれの部位に、どのような特徴があるのか調べてみました。

<うちもも>
ローストビーフを作るのに最もポピュラーな部位です。うちももは国産牛を使うのがおすすめ、赤身の中に程よい脂が含まれていて、ちょうど良い柔らかさになります。初めて作るなら、この部位を使うといいですね。この部分は、焼肉としてもおいしく食べられますね。

<リブロース>
リブロースで作る場合は、輸入牛が向いているでしょう。輸入牛を使う場合、アメリカ産やニュージーランド産、オーストラリア産でそれぞれ特徴が異なります。アメリカ産が最も脂が少なく、オーストラリア産は脂が多め。中間がニュージーランド産です。初めて作るなら、アメリカ産のリブロースがおすすめ。この部分は、ステーキやしゃぶしゃぶなどに使うこともできますね。

<サーロイン>
アメリカ産のサーロインは、ローストビーフに向いています。国産を使うと脂身が多く、固くなる可能性も考えられます。脂肪の少ないアメリカ産を使えば、おいしく作ることができます。国産に比べて安価で手に入りやすいので、初めて作る時もおすすめです。サーロインは、ステーキやしゃぶしゃぶなどでも食べられる部位ですね。

<ヒレ>
ヒレは1頭からほんのわずかしか取れない部位です。サーロインやロースと並ぶ高級部位で、とても柔らかいのが特徴。ヒレの中でも、特に柔らかいのがシャトーブリアンと呼ばれていますね。ステーキやローストにして食べることもできます。

<ランプ>
国産牛のランプは、赤身の部分に程よい脂が含まれており、ちょうどいい柔らかさになります。この時、高級肉を使用すると固くなってしまうので注意が必要です。霜降りが入りにくい部位なので、柔らかな食感が特徴ですね。ステーキや焼肉、すき焼きなどに使用されることが多いです。

おいしいローストビーフの作り方

1. 本格ローストビーフ

牛もも肉は表面を拭き、塩と粗挽きこしょうをすり込みます。フライパンで転がしながら焼き色をつけましょう。赤ワインを加え、煮立たせながら絡めます。アルミホイルにローリエ、タイムを並べ肉をのせます。アルミホイルでしっかり包み、オーブンで焼きます。

途中上下を返しながら様子を見て、中心部まで温かくなったら室温にしばらく置いてください。つけ合わせのグラッセを作り、先ほど使用したフライパンに調味料や小麦粉を加えソースを作ります。室温に置いたお肉をカットしたら完成です。

部位別!ローストビーフのアレンジレシピ

1. サーロインのローストビーフ

サーロインを使って簡単に作れるレシピです。肩ロースでも作れるので、お好みのお肉でどうぞ。パーティでおもてなし料理にぴったりなひと品ですね。

お肉に塩とハーブ類をすり込みます。空気が入らないようにラップで包み、冷蔵庫に置きます。フライパンで表裏に焼き目をつけます。お肉をアルミホイルに包み、さらにタオルで包み常温で30分置いてください。バルサミコ酢を煮詰め醤油で味付けをしたソースを用意します。お肉をカットしてソースをかければ完成です。

2. ヒレ肉のローストビーフ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フレンチトースト レシピ たまご

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、おせんべいをもちもち食感のフレンチトーストに大変身させちゃいます。しかも、たった10分でできちゃう超簡単レシピ!さらにおいしくするアレンジ3種も合わせてご紹介!

スムージー ニュージーランド レシピ

ニュージーランドのスムージーアーティスト、Hazel Zakariyaさんの作品が「すごすぎる」と話題♩本当に食べ物なのかと疑ってしまうほどの美しさと完成度の高さなのだとか。今回はそんなスムージーアート作品を…

ハロウィン おにぎり レシピ まとめ

秋のメインイベントといえばハロウィン!最近では仮装だけではなく、料理やお弁当にハロウィンテイストを取り入れる楽しみも、イベントをさらに盛り上げているようです。手軽にできるハロウィンおにぎりの作り方や人気のキャ…

うどん レシピ まとめ

おつゆにとろみのついたあんかけうどんは、体の芯から温まりますよね。寒くなると食べたくなるレシピのひとつではないでしょうか。今回は、卵入りや野菜メインなど、バリエーション豊富なあんかけうどんの作り方を20件ご紹…

レシピ まとめ おしゃれ スイーツ おやつ クッキー ケーキ おにぎり パン

コロコロかわいい「どんぐり風レシピ」で食卓を秋色に染めませんか?今回はどんぐりモチーフのスイーツやおかずの作り方、おにぎりのどんぐり風アレンジレシピまで幅広くご紹介!コロコロかわいい姿に、あなたもはまってしま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る