ローストビーフは冷凍できる!保存期限や解凍方法は?

今回は、残ってしまったローストビーフの冷凍保存の仕方や、解凍方法、そして冷凍保存した場合の保存期限をご紹介します。ローストビーフは冷蔵庫やチルド室でも保存が可能ですが、長期間保存する場合は、冷凍がおすすめです!

ローストビーフの冷凍保存方法

ローストビーフ

Photo by macaroni

保存する際の注意点としては、肉表面の汁気を拭き取ってからラップでしっかりと肉を包み、チャック付きの袋などに入れて空気との接触を遮断します。一回で食べ切れる分だけ小分けにして冷凍するのがおすすめ。

冷凍庫に入れる際は、冷凍庫のできるだけ奥に入れるのがポイントです。手前に入れると、冷凍庫を開ける際に短時間ではありますが肉が解凍されてしまうのです。冷凍庫を開閉することにより、解凍と冷凍を繰り返してしまうことになり、肉の風味が落ちたり、食感が悪くなります。

スライスとブロックどっちがいい?

乾燥は冷凍保存の最大の敵。スライスだと断面が多い分、ラップなどで密封していてもブロックより乾燥しやすくなってしまいます。乾燥すると風味や食感の劣化につながり旨味も落ちるので、ブロックの状態で冷凍し、解凍の際にスライスしていただくのがおすすめですよ。

万が一固くゴワゴワした食感になってしまったら、カレーやスープなどの煮込み料理に使用すれば問題なく食べられます。

ローストビーフの冷凍保存期間

冷凍庫で保存した場合、半月~1ヶ月ほどの保存が可能です。冷蔵庫よりもぐっと日持ちがしますので、数日で食べ切れない場合や、日を置いてから食べたい場合は冷凍保存しましょう。

真空パックにできるフードシーラーなどがあれば、真空状態にしてから冷凍すると乾燥や酸化を防いで保存が可能なので、1ヶ月~2ヶ月保存できるとも言われています。ただ、いずれにしても長期間冷凍庫で保存すると、品質に問題はなくとも冷凍臭がしたりなどすることもありますので、早めに食べられるならそのほうがベターです。

冷凍ローストビーフをおいしく食べるための解凍方法

冷凍保存しているローストビーフを解凍する際はコツがあります。前日から冷蔵庫に入れておくと翌日には程よく解凍されているので、あとは切り分けるだけ。電子レンジでの解凍は避けましょう。

肉の中にまで火が通り過ぎてしまう可能性があります。急ぎの場合は、ボウルに氷水を入れ、ローストビーフを袋に入れたまま投入します。そのまま1時間くらいすると半解凍になっているので、スライスが可能になりますよ。

ちなみに完全に柔らかく解凍された状態よりも、半解凍の方が切る際に力が入りすぎて肉の細胞を壊してしまったりすることもないので旨みも逃げません。

ローストビーフをながくおいしく♪

コツを抑えればローストビーフもおいしく保存ができることがわかりました。市販のものも同様に保存ができるので、ギフトでいただいた場合やお店で買った場合も、この方法を活用してくださいね。

保存方法さえわかればドーンと大量にローストビーフを作るのもこわくありません!大きなローストビーフで豪華な食卓を演出すれば、みんな笑顔のひとときが過ごせるでしょう♪
▼ローストビーフの作り方はこちら
▼献立もチェック!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう