作るときのコツ

基本の「ウォッカマティーニ」は、ステア(かき混ぜる)して作ります。こちらは素材の味を活かしたカクテルができあがる作り方と言われています。 また、先ほどご紹介したジェームズ・ボンドがオーダーした方法の「ウォッカマティーニ」は、シェイカーを使いシェイクする方法。こちらは全体的にまろやかな風味に仕上がりで、シェイクすると材料がよく冷えるのも特徴です。

使用した材料はこちら

ウォッカ

ITEM

ウヰルキンソン・ウオッカ

容量:720ml

¥821 ※2019年12月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

おうちでも使いやすいお手頃価格と、すっきりとした味わいが人気の「ウヰルキンソン・ウオッカ」。「ウォッカマティーニ」はできるだけクセなく作るとおいしいので、相性抜群の1本です。

ドライ・べルモット

ITEM

マルティーニ「べルモット エキストラ・ドライ」

容量:750ml

¥935 ※2019年07月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

白ワインと柑橘のすっきりとした辛口の風味がおいしい「マルティーニ」のベルモット。たくさん入れてもそこまで甘さがないので、キリッとした味わいの「ウォッカマティーニ」にぴったりのひと品です。

キリッとしたカクテルをお探しならウォッカマティーニを

甘くない、キリッとしたカクテルを飲みたいという方は、ぜひウォッカマティーニをオーダーしてみてください♪カクテルをジュースみたいと思っていた方も、きっと印象が変わりますよ。おうちでも簡単に作れるレシピなので、食前酒や晩酌などにもおすすめのカクテルです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ