ロシア発カクテル「バラライカ」とは?ウォッカベースのカクテルレシピも

カクテルの「バラライカ」ってご存知ですか?実はロシア・ウクライナ地方の民族楽器で、三角の形をしています。ウォッカがベースで、いかにもロシアをイメージさせる爽やかなカクテルなんです!この記事では名前の由来から作り方までご紹介します♪

2018年11月1日 更新

カクテル「バラライカ」って?

バラライカというネーミングの元になったのがロシアの民族楽器です。ブランデーをベースとした「サイドカー」というカクテルを、ロシアの国民的なスピリッツであるウォッカに変えたカクテル。

パンチの効いた味わいにレモンジュースの爽やかさが特徴の味わいです。ベースをテキーラに変えれば有名な「マルガリータ」になります。作り方はステアではなくシェーカーを使い、キュンと冷やすことがポイント。アルコール度数が高いウォッカは氷温でも凍結しないので、冷凍庫で予冷します。

名前の由来

バラライカとは前述のとおり、ロシアの三角形をした弦楽器で、カクテルグラスが逆三角形であることから共通のイメージがあり、ブランデーベースの「サイドカー」をアレンジして考案されました。ベースにほぼ無味無臭のウォッカを使う分、柑橘系の香りや甘さがよく感じられます。

ホワイトキュラソーはオレンジの果皮をブランデーに漬け込んで作るリキュールで、南米ベネズエラ沖のキュラソー島産のオレンジを使って作られました。

バラライカの度数

カクテルのベースになっているウォッカのアルコール度数が40度、ホワイトキュラソーも同じく40度前後で強めです。レモンジュースや溶けた多少の水分を加えても、バラライカは35度程度で、25度以上の「強い」カクテルに分類されます。

ウォッカベースのカクテルは弱いものから強いものまでさまざま。バラライカは口当たりがよく飲みやすいのですが、たくさん飲んでしまわないよう注意しましょう。

バラライカの作り方

1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう