サイドカー・コスモポリタン・カミカゼとの違いは?

1. サイドカー

バラライカの元になったのが、ブランデーベースのサイドカーです。このレシピではブランデー、コアントロー、レモン汁で作っています。バラライカと同じく、ホワイトキュラソーの華やかなオレンジの香りと、フレッシュなレモン果汁の酸味がマッチした、香り爽やかでフルーティな味わいになっています。

2. コスモポリタン

他の材料が無色である中でクランベリーの果汁を用いるために、とても美しい赤い色に仕上がり、女性にお似合いのカクテルです。クランベリーのほのかな香りとウォッカのキリッと引締まった味わいが特良。飲みやすいところもおすすめです♪

3. カミカゼ

太平洋戦争中の日本の特攻隊にちなんだネーミングです。ウォッカとホワイトキュラソー(コアントロー)を同量にして、バラライカのレモンジュースの代わりにライムジュースを使います。口当たりの良いバラライカと違い、苦みが効いてカミカゼのような鋭い口当たりが印象的です。

バラライカはとっても魅力的なカクテル!

バラライカについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?定番のカクテルは長い年月をかけて多くの人に認められたものです。主な定番カクテルを何種類か知っているだけで、お酒の楽しみが広がります。ただし、バラライカを始めとしてウォッカベースのカクテルはアルコール度数が高いので、飲み過ぎにご注意を。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ