市販のライムジュースおすすめ5選♪ カクテルにぴったり

爽やかな酸味と風味が楽しめるライムは、カクテルやノンアルコールドリンク作りに重宝するフルーツ。使いやすくジュースになっている商品がおすすめです。今回は生ライムとジュースの違いやカクテルの作り方、おすすめのライムジュース商品をご紹介します。

2019年9月19日 更新

ライムジュースはカクテルのマストアイテム!

生のライムとの違い

ライムジュースはあらかじめしぼった果汁が瓶詰めされているため、生ライムと違ってしぼったあとの皮の処理が不要で、保存が効くというメリットがあります。おうちで手軽にライム入りカクテルを楽しみたい方には、ライムジュースがおすすめです。

また、生のライムをしぼった果汁と違い濁りがなくクリアなので、カクテルの色もきれいに仕上がりますよ♪

味わい

ライムジュースの味わいは、市販のメーカーから出ているライム風味のお酒にかなり近いものができるため、おうちで簡単に市販品の味を楽しみたいときにぴったりです。生のライムと比較して、皮の苦味などが混入しないため、ライムの酸味をクリアに味わえます。

また商品によってはシロップを加えて甘みをつけているものもあり、甘党の方におすすめです♪

ライムジュースの使い方

カクテルに

ライムジュースは主にカクテル作りで活躍します。

定番カクテルでは、ドライ・ジンと合わせて「ギムレット」を作ったり、ウォッカとジンジャーエールを加えて「モスコミュール」にしたりとさまざまです。ほかにもウォッカやホワイト・キュラソーと混ぜれば切れ味の鋭い「カミカゼ」ができます。

また、ホワイトラムとライムジュースを合わせてシロップを加えれば甘口の「ダイキリ」になりますよ。オリジナルのカクテルを考案するのも楽しそうですね♪
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう