ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

ウォッカ・トニックとはどんなお酒?

ウォッカ・トニックとは、ウォッカとトニックウォーターを混ぜて作るカクテルのことです。トニックウォーターとは、炭酸水に柑橘類のエキスなどを加えた清涼飲料水。「ウィルキンソン」や「カナダドライ」「シュウェップス」などの銘柄があります。 トニックといえば一般にはジン・トニックが有名ですよね。ウォッカ・トニックはジン・トニックのベースをウォッカにかえたものです。

ウォッカ・トニックの味と香り

ウォッカ・トニックは、ジン・トニックよりもさらにすっきりした味わいが特徴です。トニックウォーターのほかにライムをしぼることもあり、柑橘系のさわやかな香りもあります。ウォッカ独特の苦みと、トニックウォーターのさわやかな酸味、そしてほんのりと甘みもあり、人気のカクテルです。

ウォッカ・トニックのアルコール度数

ウォッカといえば度数の高いお酒として知られています。そのままであれば40度前後ありますが、ウォッカ・トニックにした場合はだいたい10度から15度程度。自分で作る場合はお好みで調節することもできます。 大衆居酒屋の場合はもっと低い場合もありますが、すっきりして飲みやすいからといって気を抜いていると酔いすぎることもあるので注意しましょう。

ウォッカ・トニックの作り方

材料

・ウォッカ……30cc ・トニックウォーター……フルアップ(グラスを満たす程度) ・ライムやレモン(果汁・ジュースでも可)……10cc

作り方

グラスにウォッカを注ぎ、ライム(果汁でも)を加えます。あとは適量のトニックウォーターを注ぎ、マドラーで軽くかき混ぜたらできあがりです♪ トニックウォーターはとくに分量が決まっていません。濃いめが好きか、薄めが好きかによってお好みで作りましょう。 夏場はたっぷりの氷を入れてキンキンに冷えたウォッカ・トニックを飲むのもいいですよ。

特集

FEATURE CONTENTS