ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

ソルティ・ドッグってどんなカクテル?

「ソルティ・ドッグ」とは、ウォッカをベースにグレープフルーツジュースを混ぜたカクテルのことです。仕上げとしてグラスのふちに食塩をつけるスノースタイルにすることから、まさに「ソルティ(しょっぱい)」カクテルになります。 グレープフルーツの酸味とウォッカの苦みがさっぱりとしたカクテルで、日本でも定番カクテルのひとつとして人気がありますよね。

ソルティ・ドッグとは

発祥

ソルティ・ドッグの発祥はイギリスです。1940年代、イギリスの海軍で「甲板員」を意味するスラングであった「ソルティ・ドッグ」から名前が取られました。簡単に日本語にすると「しょっぱい犬」ですが、海軍の甲板員はまさに犬のように背を曲げて働き、潮風や汗まみれになって文字通り塩辛い犬のようだったそう。 ソルティ・ドッグは名前のインパクトそのままに、グラスのふちの食塩が表現しています。

度数

ウォッカをベースとしたカクテルであるソルティ・ドッグ。ジュースのように飲みやすいのですが、強いお酒がベースとなっているだけあって度数が高めです。配合にもよりますが、だいたい13%から15%ほどになるため、飲みすぎは禁物です。

味わい

ウォッカ、グレープフルーツジュース、食塩(プラスレモンの輪切り)だけで作られるシンプルなカクテル。グレープフルーツジュースの酸味と甘みでかなり飲みやすく、ウォッカの苦みがほどよくきいていて深い味わいです。 レモンサワーもそうですが、酸味のあるお酒に食塩の組み合わせはぴったりです。すっぱさとしょっぱさがちょうどよく、ぐいぐい飲めるカクテルです。

ソルティ ドッグの作り方

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS