材料

・ウォッカ……20cc ・グレープフルーツジュース……40cc ・食塩……少々 ・レモンの輪切り……ひと切れ

作り方

グラスをスノースタイルに

まず最初に、使用するグラスをスノースタイルにします。レモン汁か何かでグラスのふちを濡らし、食塩をつけましょう。 このとき、浅い皿にレモン汁を注ぎ、ひっくり返したグラスをちょんちょんとつけると簡単ですよ。食塩も同じようにしてつけるとまんべんなく装飾できます。

カクテルを作る

スノースタイルにしたグラスに氷を入れ、ウォッカ、グレープフルーツジュースを注いで軽くステアして完成です。最後にレモンの輪切りを添えましょう。 材料に記載している分量はあくまでも標準的なものなので、お好みに合わせて分量を変えてもOKですよ。

よく似たカクテル「ブルドッグ」との違いは?

よく似たカクテルに「ブルドッグ」というものがあることはご存知でしょうか? ソルティドッグはグラスのふちについた食塩のしょっぱさを楽しむカクテルですが、「ブルドッグ」は塩なしのソルティドッグです。ブルドッグという名前以外にも、「テールレスドッグ」「グレイハウンド」と呼ぶこともあります。 もともと「テールレスドッグ」が主流だったようです。「ソルティ・ドッグ」から塩を抜いたから「テールレスドッグ」と呼ばれるようになり、そこから尻尾が短い「ブルドッグ」と呼ばれるようになったんだとか。 全部犬にちなんだ名前ですが、甲板員のスラングだったという由来を先に知っておくと「なるほど!」と納得できますね。

イギリス海軍発祥の定番カクテルはいかが?

1940年代ごろにイギリスで誕生した「ソルティ・ドッグ」について紹介しました。このカクテルはやがてアメリカに渡って大流行し、今では日本でも定番カクテルのひとつとして人気です。 ソルティ・ドッグというカクテルは知っていても、なぜ「しょっぱい犬」という名前なのか知らなかったという方もいるのではないでしょうか?由来を知ると、グラスのふちに塩をつけることにも納得ですね。 お店によってはこの塩にこだわっているところも多いです。塩をなめながら、またはグラスの中に落としながら、酸味と塩辛さを楽しんでみてください。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ