カクテル言葉は?魅惑のバラ色「ジャックローズ」の作り方

美しいローズの色をしたカクテル「ジャックローズカクテル」。強いお酒が苦手な方でも飲みやすく、女性にも人気のカクテルです。今回はそのジャックローズの、カクテル言葉や作り方、ジャックローズを作るのにおすすめの商品をご紹介します。

2019年6月9日 更新

ジャックローズってどんなカクテル?

美しいバラの色をした「ジャックローズは、フランスのノルマンディー地方で広く作られているアップルブランデー「カルバドス」をベースにしたショートカクテルです。アルコール度数は20%前後と、カクテルにしては中くらいの強さ。

カルヴァドスはアメリカでは「アップル・ジャック」とも呼ばれていて、それとローズのような鮮やかな色が名前の由来になっています。

ジャックローズのカクテル言葉

花言葉があるように、カクテルにもそれぞれメッセージ性のある言葉がついています。ジャックローズのカクテル言葉は、「おそれを知らない元気な冒険者」。ジャックローズが生まれたアメリカ開拓時代らしい、夢と希望に満ちた言葉ですね。

ジャックローズの作り方

材料(1人分)

・アップルブランデー(カルバドス)……30cc
・ライム果汁(またはレモン果汁)……1cc
・グレナデンシロップ……1cc
・氷(ロックアイス)……適量

作り方

材料をすべてシェーカーに入れたら、前後左右にカーブするような感じでリズムカルにシェイクします。カクテルグラスに注いだらできあがり。

作るときのコツ

氷は溶けにくいロックアイスを使うと、ジャックローズが薄まらずによりおいしく作れます。

シェイクする目的は、材料をまぜあわせたり冷やしたりするだけでなく、空気を含ませてマイルドな味わいにすることも含まれます。力強くシェイクすると、いっそうおいしく仕上がりますよ♪

ジャックローズの基本の配合は、カルバドスとライム果汁(またはレモン果汁)、グレナデンシロップが3:1:1。濃いお酒が苦手な方には果汁やシロップの量を増やして、2:1:1とか3:3:1にしてもOKです。シロップは入れすぎると甘くなりすぎるので注意しましょう。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう