ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

シンプルなだしが絶品!水炊きの作り方

Photo by uli04_29

手羽先、手羽元、もも肉を使って、丁寧に水炊きを作っていきましょう。じっくり煮込んだスープは、鶏の旨味がぎゅっと濃縮されていて、本格的な味わいです。本場博多流の食べ方と、おすすめのしめもご紹介していきます。

材料(2~3人分)

Photo by uli04_29

【スープ】 ・手羽元……4本 ・手羽先……4本 ・もも肉……1枚 ・長ねぎ(青い部分)……1本分 ・スライスしょうが……2片分 ・水……約1L 【具材】 ・キャベツ……1/8個 ・長ねぎ(白い部分)……1本分 ・きのこ(まいたけやえのきなど)……1袋 ・豆腐……1丁 ※具材はお好みのものを用意してください。スープのおいしさを邪魔しない野菜やきのこがおすすめです。水菜や春菊、白菜なども定番の具材です。

作り方

1. 手羽先を3つに切り分ける

Photo by uli04_29

手羽先を3つに切り分けます。まず、2つに折れる関節に包丁を入れ、先端の細い部分と手羽中に切り分けます。つぎに、上の画像のように、切った手羽中にある2本の骨の間に包丁を入れ、半分に切り分けましょう。手羽元は、骨に沿って切り込みを入れます。

2. 鍋にもも肉以外のスープの材料をすべて入れる

Photo by uli04_29

切った手羽先と手羽元をざっと水で洗い、ぬめりや血合いを落としてから鍋に入れます。スライスしょうがと、長ねぎの青い部分を鍋に入れたら、鶏肉がしっかり浸るように水を加え、火にかけます。 ※なるべく大きな鍋を使用しましょう。

3. 煮立ててアクを取る

Photo by uli04_29

ひと煮立ちしたら、アクが出てくるので、丁寧に取りのぞきます。

4. 弱めの中火で1時間から1時間半煮込む

Photo by uli04_29

アクを取ったら、火を弱めて1時間から1時間半煮込みます。途中で水が蒸発して少なくなり、鶏肉が頭を出すようなら、水を100ccずつ追加してください。 ※寸胴鍋など、深さのある鍋を使用すると水分が蒸発しにくいです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS