チダイのおすすめレシピ8選

1. おもてなしに。チダイとアスパラガスのちらし寿司

お祝いの席で食べたいのが、チダイのちらし寿司です。チダイの切り身を使って作れるのもポイントですね。チダイとゆでたアスパラガスを昆布で〆てから作ることで、チダイの旨みが凝縮されます。

酢飯には、酢の代わりに白ワインビネガーを使うのもおすすめ。仕上げに塩とオリーブオイルをかけて味わってみてくださいね。

2. 丸ごと使おう。チダイの炊き込みごはん

チダイを使う炊き込みごはんです。昆布だしと鯛から出るだしがごはんに染み込みしっかりとした味わい。鯛を焼いてから米と一緒に炊くことで香ばしさが加わり、生臭さを消す効果もありますよ!チダイを崩さず炊き上げるので、鍋ごとテーブルへ運ぶのもGOOD。

3. だしを堪能。チダイと里芋のみそ汁

チダイと里芋を味噌汁に仕立てるひと品です。里芋のねっとりとした食感にチダイとしめじの旨みが溢れる一杯に。チダイがたっぷりと入っているので、おかずの代わりになります。また、お酒を飲んだあとのシメにもいいですよ。

4. 旨みを閉じ込めて。チダイのホイル焼き

アルミホイルを開くとひとり分にちょうどよいサイズのチダイと、小ねぎ、にんじんが磯の香りとともに現れます。鯛の旨みがホイルの中で閉じ込められているため、野菜にもだしがしっかりと移りますよ。味付けはシンプルに塩と酒。しょうゆは控えめで鯛の味わいを存分に楽しむのがおすすめです。

5. 大根おろしであと味さっぱり。チダイのみぞれ煮

チダイは煮魚にしてもおいしい魚。煮あがると、色がさらに鮮やかになりますよ。甘辛いしょうゆ味に大根おろしを加えるとさっぱりと食べられます。煮すぎると身がパサつき、色が悪くなるので加熱時間は短めにしてくださいね。

6. 野菜も一緒に。チダイのオーブン焼き

チダイは鯛のなかでも比較的安価で入手できます。そんなときには贅沢に、チダイと季節の野菜を天板にのせてオーブン焼きにするのはいかが?並べて焼くだけの簡単レシピですが、見栄えもよく食べ応えもあるひと品です。
Photos:9枚
焼いたチダイがごはんの上にのっている
皿に盛られたチダイとアスパラガスのちらし寿司
鍋に入ったチダイの炊き込みごはん
お椀に入ったチダイと里芋のみそ汁
皿の上のチダイのホイル焼き
皿に盛られたチダイのみぞれ煮
天板にのったチダイのオーブン焼き
チダイの香味焼きのうえにレモンがのっている
皿に盛られたチダイのアクアパッツア
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ