4. 冷凍庫で保存する

水気を拭き取った水菜を、なるべく平たくなるよう冷凍できる保存袋に入れます。空気をしっかり抜いて、冷凍庫で保存しましょう。

水菜の栄養を逃さず摂る!おすすめレシピ5選

1. 焼きなすとしゃきしゃき水菜のみそ和え

Photo by macaroni

調理時間:25分

みそ味ですが、オリーブオイルとレモン汁で後味はさっぱりといただけるひと品。作り置き用に、多めに作っておいても良いですね。お弁当やおつまみ、副菜として、いろんなシーンで活躍できるおかずです。

水菜は生のまま使うため、栄養を逃さず摂れますよ。また、オリーブオイルと合わせることで脂溶性であるβ-カロテンの吸収が良くなります。(※3)

2. 冷しゃぶサラダのカラフル生春巻き

Photo by macaroni

調理時間:25分

ライスペーパーで巻いて食べる、おしゃれなサラダ。パーティやおもてなしのメニューにぴったりですね。巻くだけで簡単にできるので、お子さんと一緒に作るのも楽しいですよ。

動物性たんぱく質を含む豚肉と一緒に摂ると、水菜に豊富な鉄の吸収率がアップしますよ。(※10)

3.水菜とごぼうのマヨサラダ

Photo by macaroni

調理時間:10分

たった10分でできる、お手軽サラダレシピ。ごぼうの下処理を省きたい場合は、スーパーにあるごぼうのささがきを購入すると時短につながりますよ。水菜の緑色、にんじんのオレンジ色、ごぼうの茶色と、彩り鮮やかなひと品です。

水菜を生で食べることで栄養を無駄なく摂れます。水溶性の栄養素の流出をなるべく抑えられるよう、水にさらすのは短時間でおこないましょう。(※5,6)

4. たっぷり水菜とかつおの韓国風カルパッチョ

Photo by macaroni

調理時間:10分

材料を混ぜ合わせるだけでできる、ボリュームたっぷりのかつおのカルパッチョ。コチュジャンやごま油を使うピリ辛だれで韓国風に仕上げます。

水菜に含まれる鉄は吸収率が低いヘム鉄なので、かつおのように動物性たんぱく質と組み合わせると、吸収率が高まりますよ。また、かつおにはビタミンDが含まれるので、水菜に豊富なカルシウムの吸収を促します。(※1,8,10)

5. 大豆と水菜のスープ

Photo by macaroni

調理時間:15分

水菜と大豆をメインに、野菜がしっかり摂れるスープのレシピです。和風のやさしい味わいで、ほっとひと息つきたいときにぴったり。

水菜に含まれるビタミンCや葉酸などの水溶性ビタミンは、ゆでると水に溶け出します。汁ごといただけるスープにすれば、逃さず摂ることができますよ。(※1,5,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ