ビタミンDが豊富な食品と一緒に摂る

骨の形成にかかわるカルシウムは、ビタミンDと一緒に摂ることで吸収が高まります。また、カルシウムが十分摂れていても、ビタミンDが不足しているとカルシウムがうまく吸収されません。ビタミンDが豊富な食品は、魚やきのこ類などです。水菜と魚、きのこを一緒に鍋料理にするとカルシウムを効率よく摂れますね。(※7,8)

水菜の栄養は妊婦におすすめ?

水菜に含まれる葉酸は胎児の正常な発達に重要であり、妊娠中は日常的にしっかり摂りたい栄養素です。特に、妊娠を計画している、妊娠の可能性がある女性も含めて、意識して摂るようにしましょう。

また、水菜に豊富な鉄やビタミンCは妊娠中に起こりやすい貧血対策に、食物繊維は便秘対策に役立ちます。なお、水菜は100gあたり23kcalと低カロリーで、カロリーコントロールにも使いやすい野菜ですよ。(※1,6,11,12)

水菜を長く保存する方法

水菜の保存方法

  1. 新鮮な水菜を選ぶ
  2. 水菜を水にさらす
  3. 冷蔵庫で保存する
  4. 冷凍庫で保存する

1. 新鮮な水菜を選ぶ

水菜を良い状態で長期保存するために、まずは新鮮な水菜選びが大切です。鮮やかな緑色でハリがあり、みずみずしいものを選びましょう。

2. 水菜を水にさらす

冷凍庫で保存する場合は、1〜2分ほど水にさらすか水洗いします。キッチンペーパーで水分を拭き取り、長さを5~6cmほどにカットします。水溶性の栄養を逃さないためにも、水にさらす時間は最低限にしましょう。

冷蔵保存の場合は、洗わずに保存します。(※5)

3. 冷蔵庫で保存する

乾いたキッチンペーパーに包んで根の部分だけ湿らせ、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ