減るどころか増えることも!? 冷凍野菜の栄養素と保存のコツ

皆さんは冷凍保存すると栄養がアップする野菜があることを知っていますか。ほんの少しの工夫で美肌成分が2倍に増える野菜があるんです。逆に冷凍すると風味や食感が落ちる野菜も……。今回は冷凍向きの野菜や栄養をキープする保存方法のコツをご紹介します。

2019年7月30日 更新

減るどころか増えることも!? 市販の冷凍野菜の栄養素

市販の冷凍野菜はブランチング(かためにゆでること)してから冷凍することで、栄養価をキープしています。それは熱で酵素がこわれるため、栄養価が失われにくくなるからです。

しかし、逆に栄養素が減るといわれている野菜もあります。たとえばほうれん草に含まれるビタミンCは水溶性のため、ゆでるとお湯に溶け出し栄養素が減ってしまうようです。

一方でにんじんは、ゆでてから冷凍すると3日後くらいに美肌成分のベータカロテンが2倍に増えるといわれています。きのこは旨みが3倍も増すそうですよ。(※1,2)

栄養をキープする冷凍方法のコツ

野菜の種類にもよりますが、冷凍保存のポイントはゆでてから冷凍室へ入れること!多くの野菜の水分量は、80~90%と多めです。そのまま冷凍し解凍すると、ドリップという水分が出てしまいます。

きゅうりのように生で味わう野菜は、比較的冷凍保存には向いていません。ただし青菜など、多くの野菜はサッとゆでて冷凍保存すると変色や食感の変化を防げるようです。(※1)

冷凍に向いている野菜と向いていない野菜

冷凍向きの野菜

冷凍保存に向いていると考えられている野菜をピックアップすると、枝豆・グリーンピース・セロリ・ほうれん草・小松菜・ブロッコリーなど、根菜類をのぞく葉物野菜などがあげられます。

具体的な保存方法を紹介すると、ほうれん草は水洗いし水気を切り、ジッパーつきの密閉袋に入れてから中の空気を抜いて冷凍庫へ。

ブロッコリーは小房に分けサッとゆでてザルにあげ、冷ましてから水気をふきとり、ジッパーつきの密閉袋に入れてから中の空気を抜いて冷凍庫へ入れればOKです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motomoto

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう