14日ほどで食べごろ♪ 梅醤油の作り方&食べ方

みなさん、梅仕事といえば「梅シロップ」「梅酒」「梅干し」を思い浮かべますよね。「梅醤油」はご存知ですか?醤油に梅のエキスや香りを移し、風味豊かに仕上げると毎日のお料理が劇的に変わりますよ。今回は完熟南高梅を使ったレシピをご紹介します。

2019年6月16日 更新

簡単漬けるだけ!梅醤油の作り方

漬け込んだ梅醤油

Photo by koku_koku

材料

・青梅……500g
・しょうゆ……50CC
・殺菌用のホワイトリカー……少々

作り方

1. 梅の下処理をします。水でよく洗い、つまようじでヘタを取りましょう。使う梅が青い梅の場合は、2時間ほど水につけてあくぬきをします。また、香りやエキスがよく染み出るように梅に切り込みを入れておくとよいです。完熟の場合はあく抜きは不要です。

2. 梅についた水分は、カビの原因となるため、ふきんでよく水分をとるか、乾くまで常温に置いておきます。使うふきんがぬれていたら、新しいものにかえてくださいね。

3. 保存容器は熱湯で消毒するか、ホワイトリカーを噴射しておきましょう。

4. 梅を入れたらしょうゆを入れて密閉します。

5. 冷蔵庫で14日ほどで食べごろです。

作るときのコツ

梅は大きな傷がついていたら傷みやすいので取り除きましょう。また、水分は梅仕事の大敵!カビの原因になり、梅が上手につからないので水分を残さないのが成功のコツですよ。

保存方法と日持ち

梅の保存方法

2週間ほどたったら、容器から梅を取り出して保存しましょう。冷蔵庫保存で1か月ほど保存できます。保存袋に入れて使わない場合も冷蔵庫に置いておきましょうね。

醤油の保存方法

密閉容器に入れて保存しましょう。風味を保つため、冷蔵庫で保存するのがおすすめです。半年ほど冷蔵庫に入れておいても大丈夫ですが、なるべく早めに使い切ってくださいね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう