ライター : mikinchel

おいしい物がとにかく大好き♪ 外食内食問わず、おいしい情報をお届けします。今日の夜は何食べよう♪

そうめんとひやむぎの違い

そうめんとは?

そうめんとは、小麦粉を原料とした日本および東アジアの麺のひとつ。製法は、機械製で作る「乾麺類」と、手作業による「手延べ麺」の二種類があります。 JAS(日本農林規格)では、乾麺の分類わけとして、そうめんは直径1.3mm未満と定めています。 手作業で時間をかけて作る手延べ麺には、途中で表面が乾いてしまわないように油が含まれているものが多く、そのおかげで風味が少し変わってきます。

ひやむぎとは?

ひやむぎとは、小麦粉を原料とした麺の一種です。 JAS(日本農林規格)では、ひやむぎは直径1.3mm以上、1.7mm未満と定めています。そうめんよりひやむぎの方が少し太さが太いということがわかりますね。 見分けがつきにくいことから、ひやむぎには色付きの麺を混ぜていたと言われています。

半田そうめんは「ひやむぎ」ではない⁉

そうめんとひやむぎの違いに、麺の太さとご説明しましたが、少し例外もあるようです。 徳島県つるぎ町の半田地区で古くから作られている手延べそうめんの代表『半田そうめん』 太さとこしが特徴とされている半田そうめんですが、こちらは太さが1.7mm近くあるそうなのです。 しかし、そうめんと名付けられています。手延べそうめんの場合は機械と比べて多少の誤差がでることを考慮し、1.7mm未満であれば、そうめんとひやむぎのどちらで呼んでもかまわないそうです。

そうめんとひやむぎの味の違いは?

そうめんと冷や麦では「甘さが違う」という研究結果がでているようです。 麺が細いそうめんより、少し麺が太めの冷や麦のほうが甘み、うまみが強いことがわかったようです。 使われている原料は小麦と塩を中心としていますが、麺の太さやゆで方などによって味にも差が出てくるとは奥深いですね。

そうめんとひやむぎの栄養は?

そうめんとひやむぎの原材料は小麦です。このふたつはおもに炭水化物からできており、私たちが生きていくうえで欠かすことのできない栄養です。 また、タンパク質、食物繊維も含まれています。気になるカロリーですが、そうめん、ひやむぎ一束あたり343kcal。一人前をゆで上げた状態(270g)のカロリーで、乾麺のグラム数に換算すると100gのそうめん、ひやむぎのカロリーです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS