ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

鍋の脇役だけじゃもったいない!

鍋の季節にはあんなにもてはやされるのに、温かくなってくるとめっきり買う機会が減ってしまうえのき。一年中スーパーに並び、ほかの野菜にはないシャキシャキ感を味わえるえのき、鍋にしか使わないのはもったいないですよ! 今回はえのきが主役のレシピを集めてみました。シャキシャキにハマるえのきレシピを見ていきましょう♪

1. 10分でハマるおいしさに。レンジで簡単明太なめたけ

Photo by macaroni

えのきが主役の料理といえば、何といってもなめたけ。いつものなめたけに明太子をプラスして、海の旨みがたっぷりと詰まった明太なめたけはいかがでしょう。 明太子となめたけの組み合わせってとても新鮮ですが、ごはんやパスタ、冷奴にのせたりと、どんな料理もおいしく仕上げてくれますよ。

2. 秋の味覚!たっぷりきのこのしぐれ煮

Photo by macaroni

しょうがを加えたきのこのしぐれ煮は、えのきを使ったつくりおきの定番レシピ。しいたけやまいたけをプラスして、香りや食感の違いを楽しみましょう。 しょうがの量を増やすと、よりさっぱりとした大人の味わいに。きのこの種類を変えて作ると、また雰囲気が変わりますよ。 焼いたお肉のソースにしたり、ごはんに混ぜてもおいしく召し上がれます。

3. 冷めてもおいしい!肉巻きえのきのピリ辛味噌焼き

Photo by macaroni

えのき料理の定番・肉巻きも、味噌で仕上げるとこっくりと満足感がさらにアップします。豆板醤を加えたピリ辛味で、ごはんのおかわりを保証するがっつり味。 えのきはたっぷりと巻いて、シャキシャキ感を楽しみましょう♪ たれにマヨネーズをプラスすると、まろやかになって辛味が気にならなくなりますよ。お弁当のおかずにも重宝しそうですね!

4. 10分でパパッ!ピーマンとえのきの塩昆布バター炒め

Photo by macaroni

刻んだピーマンとえのきを塩昆布と炒めた、ちょっぴり豪華版の無限ピーマンです。塩昆布の旨みがピーマンの苦みを中和し、バターを加えることでコクをプラス! ピーマンは繊維に逆らって切ると食感がやわらかくなるんです。塩昆布は味見をしながら量を調整してくださいね。

5. 15分で完成!ご飯がすすむレンジでえのきチャプチェ

Photo by macaroni

韓国料理の鉄板おかず・チャプチェ。春雨の代わりにえのきを主役に据えたヘルシーバージョンのチャプチェです。 刻んだ野菜と下味を付けた牛肉を重ね、えのきをのせてレンジでチン♪ フライパンなしで時短調理できるので、暑い夏にもささっと作れる便利なレシピです。辛いのがお好みなら、コチュジャンをプラスしてピリ辛味に仕上げてくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS