電子レンジonly♪ 「ゆで卵」の簡単な作り方とアレンジレシピ5選

ゆで卵は面倒なうえに、ちょうどよい半熟具合にゆでるのはむずかしいですね。電子レンジを使えば、湯を沸かす手間もいらずに簡単です。失敗しないポイントを詳しくご説明します。上手にゆで卵ができたら、煮卵を始めとして、いろんなお料理にアレンジできますよ。

2019年5月31日 更新

レンジで作るゆで卵の作り方

半熟卵の完成写真

Photo by shucyan

卵を直接加熱するのではなく、アルミホイルに包んでから湯煎するというのがポイントです。金属であるアルミは電磁波を通さず、お湯の電動熱のみでじっくりと卵が加熱されます。加熱時間は卵の大きさや温度によって変わりますが、おおむね8分で半熟、10分で固ゆでになります。

材料(1人分)

・生卵······1個
・水······マグカップ1杯
・アルミホイル······適量

作り方

1. ゆで卵をアルミホイルで包み、マグカップに入れる

2. マグカップに水を入れる

マグカップにアルミホイルで包んだ卵を入れたら、卵が浸るくらいまで水を入れます。これを電子レンジで加熱することによって、アルミホイルに包まずに直接加熱すると、沸騰したお湯によって急加熱されるので、卵の内部が水蒸気によって膨張して爆発する危険があります。

3. 電子レンジで加熱する

4. ゆで卵を冷水にさらす

加熱が終わった卵は、マグカップごとすぐに冷水にさらします。そのままにすると余熱で加熱が進んでしまいますし、時間が経つと黄身が黒っぽく変色してしまいます。それを防ぐには急速な冷却が必要です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう