ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

全粒粉とは

Photo by uli04_29

全粒粉の特徴と種類

全粒粉とは、表皮(ふすま)や胚芽をまるごと粉にしたものです。胚乳だけを粉にした白い小麦粉よりも、食物繊維・ミネラル・ビタミンが豊富で、素朴な小麦の香りと食感が魅力です。 極細挽きや粗挽き、香り高い石臼挽きなど、全粒粉にも種類がたくさんあり、それぞれに食感や風味の特徴があります。

パン作りに使用するには

全粒粉でパンを焼くと、膨らみにくく重いパン生地になります。そのため、食べやすい全粒粉パンを焼くときは、小麦粉の10%から30%を全粒粉に置き換えるのがおすすめです。30%までの配合であれば、どの種類の全粒粉を使用してもおいしく仕上がるでしょう。

全粒粉で作るパンの基本レシピ

Photo by uli04_29

全粒粉の香りを楽しむことのできる、シンプルな全粒粉パンを作っていきましょう。全粒粉の香りが引き立つよう、最小限のバターと水で生地を仕込みます。成形もハサミで切り込みを入れるだけなので、パン作りを頻繁にしない方も、ご家庭にある道具だけで作ることができますよ。

材料(8個分)

Photo by uli04_29

・強力粉……150g ・全粒粉……50g ・砂糖……10g ・塩……3g ・ドライイースト……3g ・バター……10g ・水……130g ※水は、計量カップの目盛りではなく、スケールできちんと重さを計ってください。パン作りでは、基本的にすべて重さ(g)で材料を計量します。

作り方

1. 水をぬるま湯程度にあたためる

Photo by uli04_29

水を30℃から35℃のぬるま湯程度にあたためます。500Wのレンジで10秒から20秒ほど加熱します。触ってみて、体温とおなじくらいならOKです。室温が高い夏場は、常温の水を使います。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS