材料4つでとっても簡単!「カトルカール」の作り方&アレンジレシピ5選

焼きたてはしっとりなのにふわふわサクサク、時間がたつとしっとりふんわり食感にかあるカトルカール。パウンドケーキのような見た目なのに、作り方が全然違うんです。使う材料が一緒でも、作り方を変えるだけで違う顔を見せてくれるカトルカール。アレンジレシピも合わせてご紹介します。

2019年4月27日 更新

しっとりふわふわ「カトルカール」の作り方

切り分けたカトルカールが乗ったお皿とケーキクーラーに乗ったカトルカール、ミモザ

Photo by mikA.K

カトルカールとは「1/4が4つ」というフランス語から名前を付けられたフランス式パウンドケーキ。小麦粉・バター・砂糖・たまごをケーキの全分量の1/4ずつ使うことから名付けられたんですよ。

でも作り方はパウンドケーキとはちょっと違うんです。とてもシンプルで簡単なので作ってみてくださいね。

材料(21cmパウンド型1台分)

カトルカールに必要な4つの材料

Photo by mikA.K

・無塩バター……120g
・たまご……120g
・薄力粉……120g
・グラニュー糖……120g

作り方

1. たまご計量します。

たまごを計量している画像

Photo by mikA.K

バターを電子レンジで溶かし、たまごを溶いて計っておきます。

2. 泡立てます。

泡立てたたまごが入ったボウル

Photo by mikA.K

たまごにグラニュー糖を加え、湯煎にかけ泡立てていきます。ひと肌程度に温まったら湯煎から外しさらに泡立てていきます。画像のように、リボンのように重なった筋がゆっくり消えていくのが目安です。

3. 薄力粉を入れます。

薄力粉を入れて馴染ませた画像

Photo by mikA.K

ボウルに薄力粉を振るい入れ、さっくりと混ぜて馴染ませます。

4. バターを入れて馴染ませます。

バターを入れて馴染ませた生地

Photo by mikA.K

バターを3回に分けて加え、その都度しっかりと馴染ませます。画像のようなとろりとした状態になるまで合わせましょう。

5. 170℃のオーブンで焼きます。

焼き上がりを確認している画像

Photo by mikA.K

バターを塗った型に流し入れ、軽く底を打ち付けて空気を抜きます。170℃に予熱したオーブンで35~40分焼き、竹串をさして何もついてこなけれなできあがりです。

※焼き始めて5分くらいのところでいったん取り出し、真ん中に切れ目を入れてあげるときれいに割れてくれます。

作るときのコツ

たまごは必ず湯煎にかけて、ひと肌まで温めてください。温度計がある方は湯煎温度60℃、たまごの温度は35~40℃がベストです。たまごに水が入らないように注意しましょう。

また、使う型によって扱い方が変わってきます。オーブンシートを敷いたり、バターを塗るなど、ご自分のお手持ちの型に合わせて使い分けてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mikA.K

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう