ライター : koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 やや健康オタク。発酵、運動、いろいろ取り入れて風邪知らず。みなさんに「そうそう!こういうの知りたかった!」と思っていただけるようなものを書いて…もっとみる

自家製ごぼう茶の作り方

Photo by koku_koku

切って、干して、焙煎の3ステップで完成するごぼう茶は、自宅でとっても簡単に作ることができますよ。香ばしく焙煎すれば香りもGOOD!ぜひ、ご自宅でできたてホヤホヤのごぼう茶をお楽しみくださいね。

材料(10杯分)

・土つきごぼう……大2本 ・竹ざるなど

作り方

1. 土つきごぼうは、土を軽く落として皮を削りすぎないようにし、ささがきにします。 2. 天日干しで夏なら半日、冬なら1日干します。 3. フライパンでこんがりした香りが漂うまで焙煎して完成です!

作るときのコツ

実はごぼうは皮のまわりには有効成分が入っているので、削ってしまうともったいないんです!土を洗い流す程度にして、皮がついたまま使いましょう。 ごぼうの天日干しは、手にさわった時に水分を感じなくなる程度がおすすめです。なかに水分が入ったままだと表面だけが乾いてしまって、お湯に入れたときに抽出がうまくいかないかもしれません。 また、天日干しするときは、それぞれのごぼうが重ならないようにたいらな竹ざるなどに広げていきましょう。新聞紙に広げて天日干ししてもOKですよ!

おすすめのごぼう茶の飲み方

ごぼう茶の抽出方法

できあがったごぼう茶は、湿気を避けて冷蔵庫で保管しましょう。使うときは、軽くひとつまみ程度をティーパックに入れてポットに入れましょう。 お湯を20cc注いで蒸らします。たくさん飲みたい方は、やかんで煮だす方法もおすすめです。煮だすほうがごぼうの有効成分をたくさん抽出できますよ。

クセが強い場合は?

焙煎を調節する

クセが強いのが苦手な方は、あらかじめ焙煎の状態を軽くするのがおすすめです。長時間焙煎するとやがてフライパンから煙が出てきますが、その状態でを止めて抽出してみてください。 焙煎時間が長ければ長いほど抽出した時のごぼうの香りがより強くなりますから調節することで香ばしさがぬけて飲みやすくなりますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS