甘さの調整方法

砂糖はその種類によって感じる甘さが違うように、実は砂糖そのものの糖度が100%というわけではありません。 今回グラニュー糖を使用して、水と1:1にしましたが、煮詰めることで水分が蒸発しおよその濃度が50%まで引き上げられます。糖度を下げたい場合は水の分量を増やし、上げたい場合は水の分量を減らすことで調節できます。砂糖の量はなるべく変えないようにするのがおすすめです。

砂糖の選び方

三温糖や中ザラ糖、きび砂糖などはコクがあるのでアイスコーヒーに合わせるガムシロとしておすすめです。上白糖やグラニュー糖は甘さが似ていて溶けやすいので取り扱いがとても簡単ですよ。黒糖は本来の糖度が低いので水の量に気を付けて作ってくださいね。

少量なら電子レンジでも作れる!

電子レンジを使って作ることもできます。鍋で煮詰めるときに蒸発してしまう分をあらかじめ減らしておくことで短い時間で作ることができますよ。作るときは水の量を1割減らして作るのがおすすめです。 まんべんなく砂糖が浸透するよう、600wで2分加熱したあとは取り出してかきまぜ、必要に応じてさらに加熱しましょう。

自家製ガムシロップはいいことづくめ

コーヒーメーカーも優れた性能のものが次々と登場し、自宅でも本格的なカフェドリンクが楽しめるようになりました。砂糖なしでおいしいものもたくさんありますが、少し甘みを足したほうがおいしいドリンクもたくさんあります。そんなとき、自宅で手放せないのがシロップですよね。 糖度を上げていけば、日持ちもするので保存もラクラク♪ぜひ、基本の作り方を参考に、手作りのシロップを楽しんでくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ