自家製できる!ガムシロップの基本の作り方&コツ・ポイントも

みなさんは自宅でドリンクを飲むとき、「あ!ガムシロップがない!」と思ったことはありませんか。普段買っているものがないとどうしようもない!とがっかりしてしまいがちですが、実はそのガムシロップ、自宅で簡単に手作りすることができます。今回は日持ちもする糖度での作り方をご紹介しますよ。

2019年4月9日 更新

自家製ガムシロップを作ってみよう!

ピッチャーに入ったガムシロ

Photo by koku_koku

思ったときにすぐできて、甘さの調整もできる便利なガムシロップは夏のドリンクの強い味方!コーヒーだけではなく炭酸ドリンクなどに割ったり余ったらお菓子に入れたりと使い方も自由自在ですよ。ぜひ、この夏は自家製シロップでお楽しみくださいね。

材料

・グラニュー糖……100g
・水……100cc

作り方

1. 鍋に砂糖と水を入れて、よく溶かす

鍋に砂糖と水が入っている状態

Photo by koku_koku

鍋に砂糖と水を入れて火をつけます。
砂糖が水に溶け始めた状態

Photo by koku_koku

開始2分ほど、グラニュー糖があっという間に溶けていきます。溶け始めたら鍋をよくかきまぜてさらに3分ほど煮詰めていきましょう。

2. 耐熱容器に入れておく

保存用の瓶にでき上がったガムシロを入れる状態

Photo by koku_koku

完成したら、あらかじめ煮沸消毒した空き瓶の中に入れておきましょう。荒熱をとって冷蔵庫で保管します。

保存方法と日持ち

できあがったガムシロは、煮沸消毒した瓶などに入れて保存しましょう。今回は砂糖と水を1:1の割合で作ったので保存はおよそ1か月ほど使用できますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS