ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

「梅塩」とは

梅干し作りをする際にたくさんできる梅酢。料理に使ったり、炭酸で割って飲んだりと使い方はさまざまありますが、たくさんの量を消費するのはむずかしいですよね。そんなときにおすすめしたいのが「梅塩」作りです。まろやかな味わいで、ほんのりと甘みさえ感じられるお塩をかんたんに作ることができますよ。赤梅酢を使えば、きれいなピンク色の梅塩になります♪

こんな料理におすすめ

マイルドな梅塩は、いろいろな料理に使うことができます。なかでも、野菜やお魚など淡白な味わいのものにぴったり♪ 素材の味をじゃますることなく、おいしさを引き立ててくれます。おにぎりに使ったり、豆腐にのせたり、天ぷらにつけたりとさまざま。漬物に使うのもおすすめですよ。

梅塩の作り方はふたつ

1. 梅酢だけで作る方法

たくさんの梅干しを漬けて、大量の梅酢がある場合にはこちらの作り方がおすすめです。

フライパンで煮詰めるだけなのでとてもかんたんですよ。梅酢1Lあたり梅塩200gほどを作れます。

作り方

1. フライパンに梅酢を入れ、火にかけます。

2. 煮立ってきたら弱火にし、20分ほど煮詰めます。

3. 水分が蒸発し始めるので、時々ヘラでかき混ぜながらさらに10分ほど煮詰めましょう。

4. しっかり水分が飛んでしっとりとした塩になったら、火からおろしましょう。

5. クッキングシートや新聞紙などに広げ、天日干しまたは窓辺で乾かして完成です。

2. 梅酢と粗塩で作る方法

大量の梅酢はないけれど、梅塩を作ってみたい!という方にはこちらがおすすめ。

赤紫蘇を使った梅酢で作れば、淡いピンク色のきれいな梅塩に仕上がりますよ。梅酢のみで作るものには劣りますが、この方法で作る梅塩も風味よく楽しめます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS